1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. スポーツ総合

「今回のオリパラでは、ルックスや私生活に過度にフォーカスした報道は減った手応えがある」 元オリンピアンが進めたいジェンダー偏見のない、ありのままのスポーツ報道

文春オンライン / 2021年9月6日 11時0分

写真

©iStock.com

「アイドルのような取り上げられ方に不快感があっても我慢する選手も…」 アスリートの“容姿”を巡る報道に、元オリンピアンの井本直歩子さんが思うこと から続く

 1996年のアトランタオリンピックに競泳日本代表として出場した井本直歩子さん。現役引退後はユニセフ職員としてギリシャやハイチに赴任し、国際協力活動を行っている。東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会のジェンダー平等推進チームのアドバイザーに就任した井本さんは、8月26日、ジェンダー平等のためのスポーツ報道について会見を開いた。女性アスリートの報道にはどのような問題があるのか、寄稿してもらった。(全2回の2回目。 前編 を読む)

◆◆◆

 それから「美しすぎる」「イケメン」などの言葉は、「スポーツなのにビジュアルで評価してよいのか」という考えの他に、メディアが「美の価値観」を押し付けるべきではない、というルッキズムの問題もはらみます。「美しさ」「女らしさ」「イケメン」の基準をメディアが勝手に押し付けることは、本来ある多様な「美しさ」「かっこよさ」の見方、感じ方を狭めてしまうため、「自分らしさ」を追求するジェンダー平等の概念に反するものです。でも観る人が「綺麗」「ハンサム」と思うのはもちろん主観だから自由です。

 外見で価値判断をするルッキズムへの対抗は、スポーツにおいてとても重要です。なぜならスポーツは、かっこいい女性、力強い女性を輝かせてくれる、貴重な存在だから。強い、筋肉質、たくましい、芯が強い、負けず嫌い、リーダーシップがある、といった女性に偏見なく憧れることができる機会なんて、世の中にはまだまだ少ない。多様な女性アスリート像を写し、そういった女性がロールモデルになれる、またとないチャンスなのです。昭和感覚の女らしさの押しつけに満ち溢れた日本社会に、スポーツは一筋の光を当ててくれる存在であるべきです。

 例えば今回の五輪で、男女混合種目が増えました。金メダルを獲った日本の卓球のペアもその一つです。伊藤美誠選手と水谷隼選手のコンビは、水谷選手が伊藤選手のことを「ホントに『大魔王』って呼ばれるぐらい、むちゃくちゃ強いですから。だから隣に立ってる時は、もう大魔王だと思って接してるんですよね」と言うほど、コートにおいても伊藤選手が主導権を握っている。スポーツという伝統的に男性優位なフィールドでこれを見せたことは、とても大きな意味があると思います。

 それなのに、女性アスリートがせっかく力強いパフォーマンスで勝った後のテレビ番組で、「結婚願望」とか「彼氏」の話題を振る司会者やコメンテーターがいる。「あんなに強いのに中身は可愛い女の子」という印象を植え付けて、わざわざ「女らしさのあり方」の偏見を再生産する。メジャーリーガーの大谷選手にも同じ質問をしますか? と聞きたいくらいです。

 また、某主要スポーツ雑誌の五輪特集号では、男性アスリートの写真は筋肉美を強調した競技の写真ばかりなのに対し、女性メダリストたちはなぜか私服を着て笑っている写真がトップになっていることも目にしました。写真を選ぶ時に、女性アスリートの映し方に、男性と比べてジェンダーの偏見が入っていないか? と、立ち止まって考えて欲しいと思います。

 だからこそ、スポーツの報道において、営利目的の中にも、ジェンダーに偏った内容を極力なくし、競技性やありのままの女性アスリート像を強調するといった、ジェンダー平等のための社会的配慮を促していきましょう、というのが、今回の「表象ガイドライン」の意図です。

 その甲斐あってか、また、コロナ禍で事前の報道が控えられていたこともあってか、今回のオリパラに関する報道では、ルックスや私生活に過度にフォーカスした内容は例年に比べて少なくなっている手応えがあります。そして、増田明美さんがマラソン中継の解説中に、ある選手の私生活のことについてコメントしたことが炎上するなど、視聴者の認識が高まっている印象を持ちました。

なぜジェンダー平等を進めなければならないのか

 今まで多少熱く語ってきましたが、かく言う私はジェンダーの専門家ではありません。この18年程、ずっと発展途上国で平和構築支援や教育支援をしてきました。今年2月、ちょうど赴任先のギリシャから久しぶりに日本に帰国したばかりの時に、森喜朗元オリパラ組織委会長が発した「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかる」という、いわゆる「森発言」に出くわしました。その後、橋本聖子新会長が東京2020組織委員会内にジェンダー平等推進チームを立ち上げると耳にした時、せっかく休職中なので、チームリーダーの小谷実可子さんに「お手伝いしたい」と申し出ました。

 同チームのアドバイザーにしていただくことは、ジェンダーの専門家ではないのだから、かなり勇気が必要でした。でも、専門家は他に沢山いますが、テクニカルな知識だけが仕事ではないし、元オリンピアンで、ジェンダー平等の話が毎日のように話題に上る国連機関に長く勤めてきた自分だからできることもあるかなと思いました。何よりも、ジェンダー後進国の日本で、せっかく「森発言」の追い風がビューンと吹いている今だからこそ、このオリパラを変わるきっかけにしなければならないという強い気持ちが原動力となって自分を動かしていました。

「男性の本心を知りたい」

 そして、足りない知識を補おうとこの半年間学んできましたが、センシティブな問題だから、常に恐る恐る、言葉を選びながら発言しています。

 世の中の多くの男性は、テレビでタレントさんなどが炎上する度に、自分も冷や冷やしているかもしれません。それでも、あくまでも「自分の不勉強で地雷を踏まないように」といった、ポリティカル・コレクトネスだけ押さえておけばいいや、が本音にあるように感じます。つまり、なぜジェンダー平等を進めなければならないのか、という根本のところは共有できていないのでは、と感じる部分もあるのです。無関心なのか、自分の身の回りの社会を変えようという意欲がないのか、それとも本当のところは、男性の既得権益が奪われるから黙っておこうと思っているのか、本心を知りたいところです。

 数ヶ月前、主宰したある勉強会で、パネリストの元ラグビー日本代表の廣瀬俊朗さんが次のように発言されていました。

「ジェンダーについてまだよくわかっていないけれど、知らないままではいけないと思ったから今日は学ぼうと思ってきました。特に男は下手なことを言っちゃいけないと思いがちだけれど、発言する場に出ていくことで学べると思った。間違った発言があっても寛容にお願いします」

 今の日本は、ジェンダーに関して間違った発言をするとすぐに炎上してしまうので皆、冷や冷や。でも大切なのは、なぜそれが大事で、推し進めなければならないのか、根本のところを理解して、皆で学んでいく姿勢だと思います。

 ジェンダー不平等をなくすことで、自分らしく、居心地良く生きられる人が増えれば、社会全体の幸福度も上がっていく。幸福度が上がれば、みんながいろいろなことに前向きに取り組めるようになり、好結果が得られるという好循環が生まれます。

 良くも悪くもオリパラを機に議論がしやすくなった。これからも、学びの場を提供するお手伝いをしていきたいと思っています。

(井本 直歩子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング