1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

「ラ・ムーはデザインやビジュアルも含めた総合エンターテイメント」 菊池桃子の“埋もれた名曲”が海外で再評価されたワケ

文春オンライン / 2021年9月17日 17時0分

写真

菊池桃子さん

 海外で菊池桃子の若い世代のリスナーが増えていることをあなたはご存知だろうか?

 1984年に「青春のいじわる」でデビュー、80年代を代表するアイドルの一人として、今も根強いファンの多い菊池桃子。その楽曲に新たな角度からスポットライトが当たりつつある。40代より上の世代にとっては当時のアイドル歌謡のイメージが強い人が多いと思うが、海外の若い音楽ファンにとってはそうではない。竹内まりやの「Plastic Love」、松原みきの「真夜中のドア~stay with me」など、シティポップの名曲の世界的な再評価が進む中で、菊池桃子もその一翼を担う存在として注目を集めているのだ。

アルバム収録曲の1曲が、今新たな代表曲に

 その証拠の一つとなるのが、ストリーミングサービスでの再生回数だ。

 今年7月16日には、SpotifyやApple Musicなどのストリーミングサービスで、菊池桃子とラ・ムーの計180曲の配信が解禁された。そこから約2ヶ月が経過した9月現在、Spotifyで最も再生されているのは、3rdアルバム『ADVENTURE』(1986年)に収録の「Mystical Composer」という楽曲だ。

 

「卒業-GRADUATION-」などオリコン1位を記録した当時のヒットシングルを差し置いて、まったく宣伝もなく、CMソングへの起用などタイアップも無縁だったアルバム収録曲の1曲が、今、新たな菊池桃子の代表曲となっているのである。

 Spotify Japan コンテンツ統括責任者の芦澤紀子さんはこの状況をこう解説する。

海外の若い世代のファンが特定の曲を聴いていることの反映

「菊池桃子さんに関しては、日本と海外における人気曲の違いが顕著にあります。『卒業-GRADUATION-』のデータを見るとほとんどが日本のリスナーによって聴かれているんですが、一方、『Mystical Composer』はアメリカのリスナーが1位。アメリカのリスナーだけで約4割を占めていて、日本の3倍ほどですね。アルバム『ADVENTURE』の収録曲全般にこういう傾向が見られます。菊池桃子さんのリスナー全体はリアルタイムに聴いてきた日本のファンがボリュームゾーンではあるんですが、竹内まりやさんの『Plastic Love』と同じように海外の若い世代のシティポップのファンが特定の曲を中心に聴いていることの反映だと解釈しています」

 なぜこうした現象が起こっているのだろうか?

新しいプラットフォームの誕生により息の長いブームに

 アメリカ出身で現在は日本でジャーナリストとして活動し、日本の音楽の海外受容に詳しいパトリック・セント・ミシェルさんは「2010年代半ばに最初のきっかけがあった」と解説する。

「シティポップのリバイバルは2014年から2015年くらいに始まった動きです。とは言っても、当時は一部のマニアックな音楽ファンに知られているくらいでした。そこから、2018年頃に竹内まりやさんの『Plastic Love』がYouTube上でミームとなり、それをきっかけに沢山の人がシティポップを知るようになります。さらに、最近ではSpotifyに音源が配信されたり、TikTokのような新しいプラットフォームが生まれたおかげでより一般的なリスナーが聴くようになり、息の長いブームになっています。菊池桃子さんについても、その流れの中で幅広い人たちに知られるようになっていきました」

ノスタルジックなメロディがポイントに

 こうしたシティポップ・リバイバルのきっかけの一つになったのが、2010年代初頭に生まれた「ヴェイパーウェイヴ」と呼ばれるジャンルの勃興だ。ヴェイパーウェイヴとは80年代から90年代の楽曲をサンプリングして加工し、どことなく甘美なノスタルジーを感じさせるテイストが特徴の音楽。ゆったりとしたテンポのエレクトロポップを、高度消費社会やレトロなコンピューターのイメージをちりばめた映像と共に発表していたアーティストたちのあいだで、かつての日本のポップスがネタ元として“再発見”された。

「2014年から2015年当時は、菊池桃子さんのことを知っている人は本当に少しでした。ただ、その中でもダン・メイソンというフロリダ州出身のヴェイパーウェイヴのアーティストは2015年のアルバム『Miami Virtual』に収録された『Waiting For You』という曲で『Mystical Composer』をサンプリングしています。おそらくノスタルジックなメロディがポイントになったのではないかと思います」(パトリック・セント・ミシェルさん)

Night Tempoも菊池桃子の大ファン

 また、見逃せないのが、やはりシティポップをネタ元にした「フューチャーファンク」というジャンルで人気を広げてきた韓国・ソウル出身のDJ/プロデューサー、Night Tempoである。竹内まりや「Plastic Love」現象の火付け役となるなどここ数年のシティポップ・リバイバルの立役者の一人となってきた彼も、かねてから菊池桃子の大ファンであることを公言してきた。

 2019年からは「昭和グルーヴ」シリーズと銘打って数々の80年代のポップソングの公式リエディットを手掛けてきたNight Tempoだが、9月10日には、その第10弾となる『菊池桃子 – Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ』が配信リリースされた。

 

 念願が叶ってのリリースを実現させたNight Tempoは、菊池桃子の魅力をこう語る。

主演映画のポスターを部屋に貼っているくらい大好きな存在

「菊池桃子さんを知ったのは2012年から2013年くらいのことです。もともと僕は昭和のアイドル、80年代のダンス曲に惹かれていて。その中でも菊池桃子さんはビジュアル的に好みだったというところから掘り始めました。“ビジュアル”と言っても単に顔だけじゃなく、パッケージのデザインや作品のイメージを通して一貫したブランディングがあって、その完成度がとても高かったと思うんです。レコードとカセットテープも8cmシングルも全部集めましたし、写真集やVHSも集めています。自分の部屋にも菊池桃子さんの主演映画『アイドルを探せ』のポスターを貼っているくらい、とても大好きな存在です」

 音楽性についてはどうだろうか?

「菊池桃子さんの楽曲は林哲司さんの色が強いですよね。声の使い方も研究して、自分の作品みたいに菊池桃子さんの曲を作っていたんだと思います」

独特のウィスパーボイスを活かした楽曲を制作

 林哲司とは、松原みき「真夜中のドア~stay with me」や竹内まりや「September」など数々の楽曲を手掛け、シティポップのオリジネーターとして世界的な評価を高めている作曲家・編曲家。菊池桃子のデビュー曲から1987年の「ガラスの草原」までの全シングル、アルバム収録曲に携わり、独特のウィスパーボイスを活かした楽曲を制作してきた。

 Night Tempoがリエディットの対象として選曲したのは「Alfa Flight」「ガラスの草原」「Good Friend」「Night Cruising」の4曲。やはり『ADVENTURE』収録の「Good Friend」「Night Cruising」など、当時のヒットシングルというよりも、むしろ“埋もれた名曲”を発掘している。

「僕としては、当時の最先端のサウンドだったんじゃないかなって思います。歌詞もすごく未来的で、不思議な音楽で。すごくトリップ感がある。『Mystical Composer』も、歌詞は何を言ってるかまったくわからないんです。でも、そういうわけのわからない、不思議なものが格好いいんですよね。それが今、再評価されて、海外でオシャレなものとして受け入れられているんだと思います」

注目を集めるべき音楽性

 また、Night Tempoが力説するのが、1988年に菊池桃子を中心に結成されたバンド、ラ・ムーの魅力だ。デビュー曲「愛は心の仕事です」や「少年は天使を殺す」など4枚のシングルとアルバム『Thanks Giving』をリリースするも、ソロ時代を上回るヒットには恵まれず活動期間はわずか1年ほどで解散してしまう。が、黒人女性コーラスを従えソウルやファンクを意欲的に取り入れた音楽性は、シティポップ・リバイバルが進む今、むしろ注目を集めるべきものだという。

「僕はもともとラ・ムーを先に知って、そこから菊池桃子さんのことを掘り進めていったんです。ラ・ムーの『Thanks Giving』というアルバムは自分的には完璧なアルバムだと思っていて、昔からいろんな人にもオススメしてきました。音楽だけじゃなく、アルバムのジャケットとかビジュアル面もめちゃめちゃ格好いい。ライブ映像を観ても、黒人女性の横で菊池桃子さんがディスコダンスを踊りながら『愛は心の仕事です』を歌っていたり、本当にすごいんです。でも、僕がそういうことを言うと、当時のリアルタイムを知っていた方はよく“黒歴史”だと言う。それは僕にとって残念なことで。もちろん見ている目線が違うからだと思うんですけれど、僕から見たらラ・ムーは全然“黒歴史”じゃない。むしろ総合エンターテイメントとして格好いいものだと言いたいです。音楽だけでなく、デザインやビジュアルも含めた“総合エンターテイメントとしての菊池桃子”というブランディングをみんなが楽しむようになってほしいと思っています」

 息の長い海外発のシティポップ・リバイバルが続き、YouTubeやストリーミングサービスをきっかけに80年代の埋もれた名曲が掘り起こされる例が相次いでいる。次のスポットライトが当たるのはラ・ムーかもしれない。

(柴 那典)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング