1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

転職後に親会社が倒産、起業した会社もあわや連鎖倒産… 45歳で退職した元大企業社員が、新浪社長の「45歳定年制」に思うこと

文春オンライン / 2021年9月18日 6時0分

写真

新浪剛史社長 ©文藝春秋

 経済同友会の夏季セミナーにオンライン出演した際の、サントリー新浪剛史社長の発言が物議をかもしている。席上、新浪社長からは「45歳定年制を敷き、個人は会社に頼らない仕組みが必要だ」との提言があったという。

 政府の経済財政諮問会議の民間議員も務める新浪社長の発言ともあり、ネット上を中心に批判の嵐となった。

「45歳で会社を馘になったら生活していけない」「弱者切り捨てに使われる」「非正規雇用の次は首切りか」などといった即物的な反応が多かったばかりか、識者からも「人生100年時代に逆行した考え方」「企業は中高年の能力開発に努力するべき」「格差社会を助長するものだ」といった批判が相次いだ。

 あまりの炎上ぶりに、翌日には新浪社長がこの発言について「定年という言葉を使ったのはまずかったかもしれない」などと釈明する事態に至っている。

「45歳定年制」を受け入れない、家族主義的な企業

 だが、新浪社長の発言を表面的にあげつらって炎上させるのは簡単であったかもしれないが、この騒動の背景には日本社会に深く蔓延る社会主義的な雇用概念が存在していることに気づかされる。

 日本企業はこれまで終身雇用制が特徴とされ、社員は会社組織に従属することによって定年を迎えるまで雇用が保証されてきた。企業は大学を卒業したばかりでまだ能力が明らかではない新入社員を一括で採用し、企業内で教育を施し、定年を迎えるまでの期間、会社に一身専属で奉公することを条件に社員を遇してきた。しかるに若いうちは、給料は安く、そして長年会社のために働いてきた中高年になるほど給料を高くする、そのことが社員の家族構成の変化にも対応でき、社員の満足度が上がることが組織の安泰につながったのだ。

 こうした家族主義的な日本企業の雇用慣行は、高度成長期から平成初期にかけては、日本経済成長の強みともなった。自動車や家電などの工業製品を大量に生産し、世界に向けて輸出、販売する時代において、家族主義的な組織が適合していたのだ。

年金代わりに、企業に定年延長を強いる日本

 だが平成以降の30年間にわたって、日本企業は世界において敗北の連続となった。世界の企業の時価総額ランキングにおいて、1989年(平成元年)には上位30社中、21社が日本企業によって占められていたが、現在では米国、中国企業に席巻され、1社もランクインしていない。それどころか、今年8月末にはGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)の株式時価総額の合計が東証全体の株式時価総額を上回るほど、日本企業は世界経済の成長からおいてけぼりとなっている。

 そのいっぽうで、国の年金制度は風前の灯火である。支給額は先細りの一途にある中、今後も支給年齢の繰り下げが避けられない事態となっていることは自明だ。そこで打ち出されたのが定年制度の延長だ。現在は60歳定年を前提に65歳までの雇用を企業側に義務付けているが、これを70歳、あるいは75歳まで延長していかなければ、制度が維持できないのだ。いわば年金支給の一部を国が企業に押し付けているのが実態だ。

定年延長は企業を苦しめる大きな負担

 ただでさえ、世界の企業との激しい競争に巻き込まれている多くの企業にとって、定年制の延長は人件費負担の激増となる。ソフトウェア、情報通信など時代の最先端を走る企業では、優秀な若い人材により多くの報酬を用意したくても、人件費総額が膨らむ中、それらの人材をアジアなどの外資系企業に奪われている。

 世界各国でも定年制を導入している国は多いが、日本ほど社員を解雇することが極めて難しい国は少ない。そうした手かせ足かせを設けられたうえで、定年をどんどん延ばしていくことは、日本企業をさらに苦しめることにつながる。

 これを「中高年をもっと育てろ」だとか「65歳すぎても生き生き働く社会に」といった美辞麗句を使って企業に強制することは、国全体の成長力をそいでいるともいえるだろう。

 そうはいっても45歳定年は暴論だろう、という声が聞こえてきそうだ。ただ、定年という言葉だけが一人歩きしている感があるが、実は正論である。

45歳で大手企業を退職した私の場合

 私自身、45歳で大手企業を退職して、新興系の会社に転職した。そして50歳で独立起業をした。結果論と言われるかもしれないが、今振り返っても一つの会社組織の中に45歳を超えて所属することは、自分の能力開拓にはつながらなかったと確信する。

 当時の私にとって、給料の良い大手企業を退職する理由はなかった。会社で何か失敗をしているわけでもなかった。むしろ業界では最先端の仕事を与えられそれなりに充実した日々だった。だが45歳を迎えた日、私の頭をよぎったのは次のようなことだった。

 私は当時の会社には中途採用で30歳の時に入社した。最初に入った金融機関が肌に合わずわずか3年で退職。外資系コンサル会社で3年半修行のうえ得た職。以来15年間、会社の水があったようで、多くのビビッドな仕事をし、それなりの評価をもらい満足してきた。45歳ということは残りの会社人生、定年が60歳としてあと15年。自分はこれまでの15年と同じようにこの会社で楽しい15年を過ごせるのか真剣に考えてしまったのだ。

45歳からの15年間を考えてみると

 おそらくそれなりの待遇で恙なく会社人生を終えられたのだろうが、これからの15年は自身の成長というよりは、我慢することが増えるのではないかと思えた。管理職などというと聞こえは良いが、上だけでなく下からもプレッシャーを受ける。同期生やその前後との壮絶な出世競争もそろそろ終盤戦。出世にはおのずと限界がある。そんなに悪い日々ではなくとも、自分がやりたいこと、磨きたいことを本当に実現できるか見えなかったのだ。このまま組織に従属し、多少不合理なことでも我慢して飲み込んで、生きるのだったらこれからの15年はあまり楽しくなさそうだ。このまま会社にいるのならば、何か仕事とは関係のない趣味でも持たなければ時間の経過が長すぎる。高校生の子供達には、挑戦しろ、といっている自分が挑戦もせずに組織の中で燻るのはカッコ悪いとも考えた。

 結論は、2人の子供の大学での教育資金だけを確保して転職した。住宅ローンはまだだいぶ残っていたが、返せなければ売却すればよい、と割り切った。

だが世の中は甘くない…転職先で会社が倒産

 転職先では子会社の社長を任された。上場も成し遂げた。だが世の中は甘くない。リーマンショックで親会社が倒産した。銀行がやってきて金返せ、と袋叩きにあった。ネットでは罵詈雑言を浴びせられた。なんとか他社と合併をして無罪放免になった。

 ありがたいことにいくつかの会社から誘いはいただいた。でももう会社奉公はやめて独立起業した。最初に作った会社は順調だったがある日、取引先の不渡りから危うく連鎖倒産しそうになった。お金はなくなり、一緒に経営していた連中は逃げていった。毎日立ち食いそばでお腹を満たした。銀行には借金の返済を待ってもらった。

 立ち直るまで1年半がかかった。おかげで強くなれた。借金は全額返済して会社は清算し、別の会社を立ち上げて今がある。何人かの人に裏切られ、コケにされたが、多くの人が手を差し伸べてくれた。人に感謝することがどれほど大切であるか思い知った。

生きるということのしんどさを味わった、何にも代えがたい日々

 こんなめにあいたくない、と多くの人が思うかもしれない。45歳で決断した私も、当初のゴールであるはずの60歳をすでに超えた。世の中で生きるということはこんなにもしんどいものであることを、身をもって感じた。でもこれこそが人生である。紆余曲折を経ながらも、人生を楽しめるようになった。これは何にも代えがたい日々である。

 65歳、ましてや70歳まで企業に飼われて過ごすのは楽かもしれない。でも企業社会主義をいつまでも続けられるほど、世の中は甘くない。

 ネット上で、新浪社長発言への批判を読むと、日本人はいつのまに甘え切った民族になってしまったのかと驚きを禁じ得ない。みんなが同じ人生なんて所詮は歩むことはできない。人生のロードマップを描くのは自分。もっと大事にしたほうがよい。

(牧野 知弘)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング