1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

元ミス学習院AV女優・結城るみなが覚醒剤所持で逮捕「誰かに教え込まれた」 元カレとの“コカイン脅迫トラブル”も《事務所関係者が証言》

文春オンライン / 2021年9月24日 21時47分

写真

結城るみな(本人のinstagramより)

 9月20日正午頃、元ミス学習院でAV女優の結城るみな(26/本名・朝倉佳奈子)が覚醒剤を所持したなどとして、覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕されていたことが「文春オンライン」の取材で分かった。

「20日昼頃、結城容疑者が自宅へ帰宅する際にマンションロビーに入ったところへ、麻薬取締官が声をかけました。そのまま家宅捜索をすると覚醒剤を発見し、覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕しました」(捜査関係者)

 結城は2020年3月にAVメーカー「プレステージ」から女優としてデビュー。デビュー前に、元交際相手に対し《何故私がAVデビューしたかって…? お前への復讐》と、ツイートしたことが話題を呼び、デビュー前からTwitterのフォロワーが5万人を超えていた。

「セックスが好きすぎるんです」語った“本当の自分”

 2020年3月10日には「文春オンライン」編集部のインタビューにも応えている。インタビュー開始直後は、なぜAV女優デビューをしたのか、という質問に対して核心に触れようとはせず歯切れの悪い受け答えをしていた。しかしインタビューが進むにつれ、覚悟を決めたのかこう本音を語った。

「すみません、本当のことを言います。私、セックスが好きすぎるんです」

 その後は「性に対する興味は初等科の頃からありました」「中高生になって相手を見つけられるようになってからは、手あたり次第に……」などと早熟な少女時代を明かし、「性欲が強いことを自覚してはいても、軽蔑されるのが怖くて、周りにはずっと隠していました」といった悩みも吐露している。

 AV撮影については「今はとにかくすべてが楽しい!」と饒舌に語っていたが、その裏には何か鬱屈とする悩みを抱えていたのだろうか。

 最近の結城をよく知る人物によると「同性の友人が少なく、最近は歌舞伎町通いをしていた」という。

「同性の友人が少なく、最近は歌舞伎町通い」

「彼女はあの美貌ですから、学習院大学在学中からよくモテましたし、『ミス学習院コンテスト』で優勝もしました。ただ、それを僻むような声も多かった。根が素直ないい子なので男性からは好かれますが、女性からは『いい顔をしている』とやっかまれることもあったようです。

 だから異性と話す方が、居心地がいいんでしょうね。AVデビュー前からホストに通うこともあったようですが、最近は増えていたようです。信頼できる友人が少なく寂しかったんだと思います」

 しかし最近も飲みに行っている場で、こんなことがあったという。

女友達にホストクラブで裏切られた

「男性らと飲んでいる姿を女友達に撮られ、SNSに流出されたこともありました。結城さんは『一応、タレントだから写真はやめて欲しい』と常々言っていたようですが……。こんなこともあり、ますます孤独を感じていたようです」」(同前)

 しかしながら、男性と対等な信頼関係を築けていたかというと、そうでもないようだ。別の知人は結城のAVデビューについて、こう証言する。

「AVデビューについて、『セックスが好きだから』とインタビューで答えていたりしますが、それだけが理由ではないんです。実は、AVデビュー前に元交際相手にコカインが入っているパケ(パッケージ)を持たされ、元カレから『それ何?』と聞かれて、『コカインです』と答えている動画を撮られている。その動画をばら撒くと男性から脅され、所属事務所に相談をしています。だから結城さんが薬物に手を染めたのはここ最近のことではないと思います」

 逮捕前、明らかに痩せ細っていく結城の姿を見た友人らは「何か薬やっているんじゃないか」と心配していたという。

「SNSを見てもわかるように、彼女はデビュー後、どんどん痩せていきました。上手く加工していますが、鎖骨も肋骨も浮き出るくらいガリガリです。『無理なダイエットをしているんじゃないか』とか『拒食症なのか』と心配する人もいましたが、彼女の素行を知る人のなかには『シャブ(覚醒剤)をやっているんじゃないの?』と疑いの目を向ける人もいました」(結城友人)

事務所関係者は「覚醒剤は誰かに教え込まれた」

 今回の逮捕について、結城が所属する事務所に事実確認を行った。すると関係者が取材に応じ、結城が逮捕された事実を認めたうえで、「覚醒剤は誰かに教え込まれたんだと思うんです」と重い口を開いた。

「まずは今回の逮捕で多くの皆様にご迷惑をおかけした事、深くお詫び申し上げます。結城は弁護士に『ホストクラブ幹部の男性スタッフと一緒に薬物を購入した』と話しています。『男性は覚醒剤を、自分はコカインを購入した』とも語っていると。家宅捜査では覚醒剤0.4gのほかに、コカインも少量見つかったようです。

 これまで一緒に仕事をし、結城の性格を知っている私たちからすると、この男性に覚醒剤を一緒にやろうと持ちかけられたんじゃないかと疑ってしまいます。以前にも、交際していた男性からコカインを教え込まれていましたから。事務所として管理が甘かったと反省しておりますが、まずは事実の究明をし、本人との話し合いを重ね、今後の処遇などを決めていければと思っております」

 結城は2020年3月に行った文春オンラインのインタビューの最後に清々しい笑顔でこう語っていた。

「SNSで情報発信していると、『AV堕ち』とか『ヘラヘラしてるバカそうな女』みたいな目で見られているなと思うことも正直あります。過去に関係を持った男性の中にもそう思っている人がいるかもしれないですね。彼らからしたら私は“ヤレる女”だったかもしれないけれど、私からしたらその男性たちは “ヤレる男”だった。デビューしたらそんな人たちもムラムラさせて、『私で抜け!』って言ってやりたいくらいです(笑)」

 AV女優としてデビューする前には、周囲の目を気にして清純派を演じ、“本当の自分”との乖離に苦しんでいた結城。AVデビュー後も苦悩から抜け出せなかったのだろうか。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング