1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

同級生から「死ね」「太っている」…中1自殺未遂も、葛飾区は「“いじめ”ではなく“けんか”」

文春オンライン / 2021年9月30日 6時0分

写真

ツバサさんの父親 ©️渋井哲也

 2011年5月、東京都葛飾区内の中学校で生徒間に起きた「いじめ」の結果、被害を受けた井上ツバサさん(当時1年生、仮名)は「心的外傷後ストレス障害」などと診断され、その後自殺未遂をした。

「『いじめではない』は虚偽報告」として訴訟

 この対応をめぐって、学校や葛飾区教育委員会、東京都教育委員会との間での連絡の際に、「いじめではない」旨の連絡がされていた。そのことが虚偽報告であるとして、ツバサさんの父親が、東京都と葛飾区を相手に総額600万円の損害賠償を求めている。いじめに関する学校側の対応の問題を主とした訴訟はあるものの、虚偽報告を問題とした訴訟は珍しい。判決は東京地裁で10月1日に言い渡される。

 東京都教育委員会は2013年4月から、「公益通報弁護士窓口」を設置している。児童・生徒、その保護者、都教委事務局職員、都立学校職員らが、法令違反など不適正な行為の事実を認めたとき、外部の弁護士を通して通報できる。18年度は29件(うち是正措置を行う必要があるものは16件)、19年度は30件(同7件)、20年度は48件(同5件)受理している。父親は、制度に基づいて、区教委の対応を通報した。その「公益通報弁護士窓口」の調査に対して、区教委が都教委に虚偽報告したかどうかが争点の一つだ。

いじめ防止対策推進法以前は「いじめの定義では、けんかは除外」

 訴状や準備書面などによると、ツバサさんは2011年4月、中学校入学後、バスケットボール部に所属した。学校から帰宅した時に、母親が、ツバサさんの腕に大きなアザができているのを見つけた。そのため、「数日前からAから暴力などのいじめを受けている」と担任に伝えた。このとき、腕のアザを確認したのは担任以外にいない。翌日もAから暴行を受ける。

 区側によると、担任は、つねられたような跡を確認した。いじめの加害を疑われているAを呼び、事実確認をした。すると、ツバサさんとの遊びの中でつねりはあった。お互いにやり合い、別の生徒の間でもやりあっていると聞いたという。つまりは、学校としては、いじめを確認できなかった。ただ、跡がつくほどはやりすぎで、指導をした、という。

 ちなみに、区側は、「いじめ」を否定している。ツバサさんがいじめを受けたとする当時は、まだ「いじめ防止対策推進法」が成立していない。それ以前の文科省の「いじめ」の定義は、「当該児童生徒が、一定の人間関係のある者から、心理的、物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの」としているが、「けんか」は除外されている。

 現在の文科省の「いじめの防止等のための基本的な方針」では「けんかやふざけ合いであっても,見えない所で被害が発生している場合もあるため、背景にある事情の調査を行い、児童生徒の感じる被害性に着目し、いじめに該当するか否かを判断するものとする」とされているが、当時の通知では「けんか等は除く」とされていた。つまり、葛飾区は「けんか」であり、「いじめ」ではないと主張している。

殴られてもLINEで「死ね」と送られても「いじめが確認されていない」

 このほか、父親が、ツバサさんに対する「いじめ」として他にあげた例は、

(1)(別の生徒)Bからボールをぶつけられたり、足を引っかけられたり、「ツバサが部活をやめなければ俺がやめる」と校内で言いふらされた。

(2)Aから腕をつねられる、トイレに行ったことで殴られる。

(3)教師が体育時間に体重を発表させたことで「お前、太っているから足が遅い」と言われ、お腹をつままれる。

(4)運動会のリレーでミスしたことで、同級生から殴られる。

(5)後頭部にできたハゲを複数の同級生から、揶揄される。

(6)同級生に押し倒され、ワイシャツを破かれる。

(7)筆箱を壊される。

(8)同級生からLINEで「死ね」と送られる。

 というもの。

 これらについて、学校は調査したものの、「いじめ」は確認されていないと主張している。

反撃したら保護者が来校し、胸ぐらをつかんで「殺すぞ」

 また、2011年5月4日にもトラブルが起きる。この日は練習試合があったが、1年生のみ外のコートで練習をすることになった。学校側が区教委に提出した報告書などによると、部活動の練習中にAとBを含む3人の部員との間にトラブルが発生した。Bらが、ツバサさんにボールを取らせないようにパス回しをした。するとボールの取り合いになり、Bは「バスケやる必要ないし、やめれば」と言った。このときの「いじめ」にツバサさんは反撃をして、暴力をふるった。

 このトラブルについては、Bは父親と来校した。そこでツバサさんが「うまく言えないんだ」と言ったことに憤慨したBの父親は、ツバサさんの胸ぐらをつかみ、「殺すぞ」などと脅した。その場にいたN教諭は恐怖のために制止することができなかった。ツバサさんは過呼吸状態になった。

 文科省の危機管理マニュアルでは、負傷者が出た場合は、応急手当てをするか、救急隊に依頼することになっている。しかし、学校側の顧問2人は警察も救急隊も呼ばず、ツバサさんが見えない場所にいた。学校側の調査では「声をかけない方がツバサさんの気持ちが落ち着くと考え、落ち着いたら話しを聞かせてねと声をかけ(た)」としている。

 これについて区教委は「警察へ報告しなかったのは、加害者である相手が保護者であり、学校で解決できるものと考えていたため」と回答している。約1年後、Bの父親は在宅起訴され、傷害罪で罰金20万円の刑を受けた。

ツバサさんの飛び降り自殺未遂、そして転校

 2011年6月19日、区長に対して、<ある一年生の生徒に対して悪質ないじめが行われているようです…(中略)…生徒さんの命の危険が考えられます>という匿名のメールが届いた。翌20日、区から区教委指導室に緊急対応が依頼された。6月25日、心的外傷後ストレス障害と診断された。

 そんななか、7月7日、ツバサさんは自殺未遂をした。学校からの帰宅後、パニック状態となり、ベランダから飛び降り自殺をしようとしたが、母親が制止した。同級生に「太っている」などと言われ、過去にも同じことを言われたことがフラッシュバックした。7月12日は、過呼吸で意識がなくなり、一時、呼吸が止まったものの、救急車が駆けつけ、意識を回復するということがあった。その後、不登校となり、他の学校に転校をした。父親としては、転校の理由は「いじめ」だった、と主張する。

判決まで約10年…いじめを認めない区教委との闘い

「区教委の指導室長らがその時々で『いじめ』を認めています。また、区教委の統括が、『いじめを認識していた』と回答していました。校長も、息子の不登校の理由は『いじめ』としていました。しかし、区教委は都教委や警察には『いじめはなかった』と報告をしています。都教委も、十分な事実確認をせず、『いじめはない』としました。都教委は説明責任を果たしていません」

 一方、区教委としては「学校生活(いじめ、不登校等)に起因して、在学校に通学することが困難となっている状況の場合」をあげている。つまり、いじめだけでなく、不登校等による通学困難も含まれているとして、転校した事実をもって、区側がいじめを認めたというわけではない、として争っている。

 判決は10月1日。いじめが起きて、判決まで約10年。それまで父親は、学校や区教委、都教委と交渉してきた。「息子は中学で不登校だったが、高校は全日制に進学し、大学も合格。就職することもできました。子どもがいじめられて、不登校のまま卒業するのはなくして欲しいです。区教委が書類を破棄してしまうと、公益通報制度の意味がありません。不正がなければ、親は悩まないです。裁判所にはぜひ、事実認定をしていただきたい」と話している。

(渋井 哲也)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング