1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

病院の待合室にも置かれた“ヒットマン”ゴルゴ13…作者さいとう・たかをが語った「描きたかったもの」

文春オンライン / 2021年10月3日 6時0分

写真

2017年3月22日、「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」発行を発表した当時の岸田文雄外務大臣とさいとう・たかを氏©AFLO

『ゴルゴ13』で有名な劇画家・漫画家のさいとう・たかを先生が亡くなった。令和3年9月24日(金)のこと。享年84、死因はすい臓がん。9月に『ゴルゴ13』の単行本第202巻が刊行され、世界記録が更新された直後のことだった。

『ゴルゴ13』の連載は続くそうだが、それもさいとう先生が、劇画・漫画制作の“分業体制”を確立したがゆえのこと。“劇画”という言葉も事実上、さいとう先生の“発明”だった。当時は「お子様ランチ」扱いされていた漫画に対し、よりリアルで大人の鑑賞に耐えうるもの、という意味を込めて劇画としたという。

 数名の生え抜きの原作者(脚本家)と、作画担当者の手で同名タイトルの作品の創出が継続していく……というスタイルは、それまでの小説や絵本などのような個人作業に近かった漫画制作をより「工場」化したもので、むしろ映画やテレビドラマに近い作り方だった。

「絵を描く才能と、ドラマを考える才能は別もんでしょう」

 漫画制作の分業制についてさいとう先生は生前、次のように語っている。

「絵を描く才能と、ドラマを考える才能は別もんでしょう、本来。もちろん持ってる人もいますよ。手塚治虫先生みたいな天才も出てきますけど、いろんな才能を持ち寄ってむしろ総合芸術的に考えた方が、完成度の高い作品ができるはずだということを一生懸命説いてたんです」

 先生は作家であり偉大なる“発明家”でもあった。

 筆者がさいとう先生のお名前を強く意識したのは、やはり『ゴルゴ13』だった。世界最強のスナイパー/ヒットマンであるゴルゴ13、本名と言われている“デューク・東郷”の活躍を描いたこの作品は、もはや人類史上に残る名作のひとつと言って過言ではないだろう。

 幼少時に初体験したそれは、主に散髪店や病院の待合室だった(今にして思えば、病院に殺し屋の漫(劇)画が置いてあったのもすごい)。当時の私はそれこそ4、5歳だったろう。内容は全然解らなかったが、絵とコマ割りの迫力に圧倒されて読み進めていた憶えがある。

 幼心ながらその際、表紙や扉ページに描かれていた“さいとう・たかを”という文字にひときわ目を惹かれた。まず「“を”って?」となり、次に「日本人なのに“・”?」。後に先生から直接、それが“自分の名前を憶えてもらうための作戦のひとつ”だった事実を聞かされ、ひどく感心した。

「日本で一番多い人口の人たちに漫画を見放されたらダメだ」

 先生には何回か取材させていただいたが、一番しっかりお話を伺えたのは、「週刊少年マガジン」(講談社)の第3代編集長・内田勝氏のドキュメンタリー番組の構成を手がけた際のことだ。

 昭和30年代後期のその当時、小学館の「少年サンデー」が『オバケのQ太郎』(藤子不二雄先生)や『おそ松くん』(赤塚不二夫先生)などの大ヒットを飛ばし、「少年マガジン」は劣勢に立たされていた。起死回生の一打として内田編集長がスカウトしたのが、さいとう先生や水木しげる先生ら“貸本漫画”を活動の主軸としている作家たちだった。

 さいとう先生は、「私の言っていることを理解してくれた、ただひとりの人じゃないかな?」と振り返り、次のように続けた。

「私らが掴んだ最初の読者っちゅうのは団塊の世代なんですよ。日本で一番多い人口の。その人たちに漫画を見放されたらダメだ、と。他の編集者は聞きもしなかったですよ。歯牙にもかけないというか。内田さんは私が、どういう風に望んでいるか、狙っているかを話したら真剣に聞いてくれましたね」

 さいとう先生は、「マガジン」誌上に宇宙SF作品『サイレントワールド」(’66年)で本格デビュー。続いて時代劇漫画の『無用ノ介』(’67年)が大ヒット。伊吹吾郎主演でTVドラマ化もされ、名実共にメジャー作家に躍り出る。

 その後、数々の作品が生み出されてきた。巨人にされた男の数奇な運命と悲劇を描く『デビル・キング』(’69年/貸本時代の未完作だったが後に「少年サンデー」に連載)なども印象に残るが、筆者にとっては大震災後の日本をひとり生き抜く少年・鈴木サトルの姿を描いた『サバイバル』(’76年)が忘れがたい。

 また、昭和『仮面ライダー』世代である筆者は、さいとう先生原作の特撮ヒーロー番組『超人バロム・1』(’72年)が大好きだった。仮面ライダーのようにひとりのヒーローが変身するのではなく、主人公二人が合体する特撮ヒーローで、『仮面ライダー』(’71年)の兄弟作ともいうべき名作である。

 そのことを先生に話すと、「あれは我ながらよく出来たと思っとる。“男の子二人が合体したら大人の男になる”ってのは、なかなか画期的なアイディアでしょう?」と笑い、「あの二人の少年が成人した後の、『バロム・1』の続編を描きたい」と語られていた。その夢がかなうことはなかったが、まさしく創作への意欲が尽きることのない巨人だった。

デューク・東郷のモデルは…

 そんな先生の代表作と言えば、やはり『ゴルゴ13』(’68年スタート)だろう。冒頭で触れたように、さいとう先生の生前の遺志により、『ゴルゴ13』は今後も、さいとう・プロダクションや脚本スタッフなどが協力し連載を継続することも発表されている。その時々で、日本を代表する数々の名優たちとも重ね合わせながら、長年愛されてきた作品である。

 先に亡くなられた名優・千葉真一さんは映画でゴルゴ13を演じられたことがあり、1周忌を迎えた俳優・渡哲也さんもゴルゴ13のモデルと言われたこともあった。

 だが実は、さいとう先生の中でのデューク・東郷は高倉健さんがイメージだったという。実際に1本、高倉さん主演で映画も作られている(’73年のこと)。渡さんは単に『西部警察』シリーズ(’79~’84年)等で演じた役柄のイメージが似ていただけだが、その渡さん直系の俳優・舘ひろしさんが後年、TVアニメの『ゴルゴ13』(’08年)でデューク・東郷の声を演じている。

 さいとう先生の親友でもあった石ノ森章太郎先生の『仮面ライダー』、藤子(・F・)不二雄先生の『ドラえもん』、先輩たる手塚治虫先生の『ブラック・ジャック』、ほぼ同期のモンキー・パンチ先生の『ルパン三世』、後輩たる臼井儀人先生の『クレヨンしんちゃん』のように、作者死してなお、さいとう先生の『ゴルゴ13』や『鬼平犯科帳』(原作:池波正太郎)も後世まで語り継がれていくのだろう。

 デューク・東郷同様、その生みの親、さいとう・たかをもまた不死身の存在である。

(岩佐 陽一)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング