1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. スポーツ総合

「羽生に勝たないと一生こんなものしか…」新潟から上京した近藤正和七段は生のナスをかじった

文春オンライン / 2021年10月9日 11時0分

写真

近藤正和七段

 ゴキゲン中飛車の創始者、近藤正和が七段に昇段した。1971年生まれで新潟県柏崎市出身。1983年に奨励会に入り、1996年10月にプロ(四段)デビューを果たした。

 ひとつ上の1970年生まれに「永世七冠」の羽生善治九段、永世名人の森内俊之九段らがいる。奨励会入会は近藤の1年前だ。1985年に羽生が四段昇段したときに近藤は2級、1996年2月に七冠独占を果たしたときは三段だった。つまり自分と同世代がスター棋士として駆け上っていくなか、年齢制限におびえながら奨励会を戦っていた。

 その男が新戦法を編み出し、第29回将棋大賞(2001年度)で升田幸三賞、第32回(2004年度)で勝率一位賞と連勝賞を受賞した。背景にどんなドラマがあったのだろうか。

 また、近藤は2014年から2021年にかけて、関東の奨励会幹事を務めた。藤井聡太三冠と同世代の多くはまだ奨励会に所属している。近藤の抱いた気持ちは、彼らに通じるものがあるだろう。

 プロを志したのは小学校4年生。1981年当時は上越新幹線さえも通っておらず、柏崎から東京に通うのが難しい。修行の第一歩は上京、内弟子生活から始まった。

棋士になるのは楽そうだと思っていた

――近藤七段の実家は和菓子屋。地元の柏崎だけでなく、新潟名物の笹だんごは全国各地に発送していたそうですね。いわば跡取り息子だったわけですが、それでも将棋のプロになりたいと思ったのはなぜですか。

近藤 なりたいというか、もっと簡単になれると思ったんだよな~(笑)。原田師匠(※1)は、「頑張ればなれる」っていうし、楽そうだと田舎の少年は思っていたんですよ。棋士になるのがどれほど大変か、いまと違って情報は簡単に手に入らなかったし。

※1 新潟県出身の原田泰夫九段。1961年から6年間、日本将棋連盟会長を務めた。引退は1982年で、記念パーティーでは田中角栄元首相が挨拶している。2004年、81歳で逝去。

小学生のうちは好きにやらせてみようとなり…

――ご両親は反対されたんですか?

近藤 当然、反対でした。和菓子屋を継がせるつもりで、僕を小学校3年生のときから配達に連れていって、取引先に「息子です」と紹介していましたからね。それに将棋指しは堅気じゃないと思われていた。

 でも師匠の家が立派で、「頑張れば一人前になれる」といわれたから親も折れたんです。「名人になれる」といわないのが師匠のえらいところなんだ(笑)。原田師匠はA級10期の実力からして、アマチュア時の羽生さん(善治九段)や森内さん(俊之九段)と指せば、彼らの才能をわかっていたと思いますね。あとは「お宅のお子さんは亥年で将棋指しに向いている。時の名人の中原さん(誠十六世名人)、大山さん(康晴十五世名人)、そして私と同じだから」とも説得されて、まあ小学生のうちは好きにやらせてみようとなったわけです。

――奨励会の初受験は小学校4年生。2回落ちて、合格は小学校6年生でした。

近藤 5年生の3月から東京に出て、10月から始まった奨励会試験に6級で合格しました。このとき内弟子として約1年間、多田佳子先生(元女流棋士、女流四段)のところでお世話になりました。私を預けて両親が帰郷するとき、母は目に涙を溜めていました。

女流棋士の家に住み、将棋漬けの毎日

――内弟子は師匠の家に住むことが多いので、珍しいですね。

近藤 師匠は長老でしたからね。多田さんはどこの馬の骨かわからない、やんちゃな田舎少年を引き受けてくださり、感謝しています。平日は小学校にいって、帰ってきたらランドセルを放り投げて新宿将棋センターや渋谷の高柳道場(高柳敏夫名誉九段の道場。弟子に中原十六世名人など)、池尻の村山道場で将棋を指していました。

 村山道場は村山幸子先生(元女流棋士、女流二段)のご主人が運営されていて、後に森内さんから「コンちゃんに挨拶しても無視されたから、怖かったです」といわれたけど、僕は田舎少年だからビクビクしていたんじゃないかな。村山先生は私のことを「まーくん」と呼んでかわいがってくださり、土曜日に泊めていただいて、夕飯もごちそうになりました。猫も同じ刺身を食べていて、ずいぶんいいもの食ってるなーと思ったものです。

――内弟子生活は、子ども同士の関係が難しいと聞いたことがあります。

近藤 多田さんのお子さんは僕の1個上、下にいらっしゃいましたけど、一緒に漫画の『パーマン』(藤子・F・不二雄)や『鉄腕アトム』(手塚治虫)、テレビを楽しんでいました。どうしても金曜日20時からの「新日本プロレス」を見たかったので、多田さんにわがままをいいましたね。アントニオ猪木、藤波辰爾、長州力、ラッシャー木村、アニマル浜口の黄金期ですよ。小学校もプロレスで遊んでましたし。

「入会から1年経っても昇級できなかったときは退会」と言われ…

――将棋漬けの生活が実って、6年生の秋に奨励会合格です。

近藤 1次試験は6連勝、2次試験は2勝1敗で通過しました。同期でプロになったひとりが村山さん(聖九段)なんだけど(※2)、僕が四段昇段したあとに「近藤くんも昔は強かったんだねぇ」といわれました(笑)。

※2 1983年12月新入会で棋士になったのは近藤正和、村山聖、中川大輔、畠山成幸、櫛田陽一、勝又清和。女流棋士は中井広恵。村山聖の四段昇段は1986年11月で、近藤は当時奨励会2級だった。

――入会当時、羽生善治九段は13歳で1級でした。

近藤 同級生の奨励会員の家にいったら、八百屋でキュウリとナスを買ってきてさ。調理してくれるのかなと思ったら、水で洗って生のまま味噌と一緒に出してきて、「近藤な、羽生に勝たないと一生こういうものしか食べられないんだぞ」といわれて食べたこともありました(笑)。

――凄みを感じますね(笑)。5級昇級は翌年の9月でした。

近藤 5月に柏崎に帰っています。上越新幹線が新潟から大宮まで開通し、3時間で通えるようになりましたから。それまでは7時間かかりました。柏崎から上野に行くには、信越本線で長岡に出て上越線の急行「よねやま」、または直江津に出て信越線の特急「あさま」に乗るんです。これが冬になると雪が積もるから、もっとかかるんですよ。

 中1の夏に5級昇級の一番を逃して、父から「勝負の世界は厳しい。交通費もかかるので、入会から1年経っても昇級できなかったときは退会」といい渡されましてね。その直後に昇級できたのは運がよかったと思います。

ひとり将棋を考えるのは好きだった

――地元だと練習する相手もいないでしょうし、いまと違ってパソコンもないから、できることが限られます。

近藤 そう、だから将棋を指すのは月2回の奨励会のときだけ。あとは師匠から「家にある棋譜を好きなだけ持っていきなさい」といわれました。でも古いものがほとんどで、いちばん新しいのが米長(邦雄永世棋聖)-中原戦でしたから。昭和30年代に指された将棋をよく並べたと思います。

――当時は最新の棋譜を手に入れるといっても新聞か月刊誌でしょう。古い棋譜も貴重なものだったでしょうね。

近藤 そうですね。ほかにひとり将棋を考えるのは好きでしたよ。昔は独自の勉強法で、みんなも個性が強かったんじゃないでしょうか。

――中学生棋士、羽生四段の誕生は1985年12月でした。当時、近藤七段は2級です。どういうことを考えましたか。

近藤 もう三段になった時点で、別格なんですよ。そうはいっても先輩が意地を見せると思っていたので、中学生棋士が出たのはびっくりしました。

「高校には進学せず、東京へ修行に出たい」

――1987年春に県内有数の進学校、県立柏崎高校に入学されます。奨励会は1級でしたし、当時は中卒の奨励会員も多かったはずです。なぜ進学されたんですか。

近藤 中学校3年生の夏に「高校には進学せず、東京へ修行に出たい」といったら、お袋があまりのショックに貧血で倒れちゃったんだ。「お前は羽生さんと違うから、頼むから高校に行ってくれ」と説得されましたよ。

 あの時代の奨励会は平日に行われていて、テストと重なるとすべて赤点になってしまうから、よく再テストを受けさせて貰っていました。大学には行かないと担任の先生には伝えてあったので理解して下さいましたけど、当時は棋士の認知度は低いからクラスの女子に「近藤君、将棋なんかやってないで勉強をもっと頑張らないと!」といわれたものです。

師匠から「飛んだり跳ねたりと雑だなぁ」の言葉

――いまの奨励会は日曜日と決まっていて、高校だけじゃなく大学を卒業する奨励会員・棋士も増えています。

近藤 僕が奨励会幹事だったときに、ほかの幹事と相談して例会を日曜日に固定しました。プロになれない子がいたらどうするんだという気持ちがありましたから。

――進学率が上がると一緒にいる時間は少なくなりますし、記録係などで顔を合わせる機会が減るので、昔に比べると関係は希薄になったかもしれませんね。

近藤 それはあるだろうね。僕らのときはケンカもよくあったけど、いまはそういうことないでしょう。

――高校3年生の3月、卒業間近に三段に昇段されます。地方在住ながら比較的順調だった印象です。

近藤 そうかもしれないね。奨励会時代は香落ちは上手も下手も好きで、勝率7割ぐらいありました。平手だと荒い指し回しが、香落ちだと大さばきでいい勝負になるので、僕のいい加減なよさが出たんでしょう。原田師匠から「お前の将棋と字は、飛んだり跳ねたりと雑だなぁ」といわれましたけど(笑)、確かに字はね、はらいも気持ちよいからつい力が入って、癖字なんだ。

このままじゃだめだと思って戦法を変える

――有名な話ですが、近藤初段-屋敷伸之初段(現九段)の対戦で、先手の近藤初段が5筋位取り中飛車を指しています。

近藤 これはゴキゲン中飛車ではないけど、当時は振り飛車なら何でも指しました。居飛車穴熊よりも急戦が多かったから、最後は美濃の深さで勝てたんです。初段までは居飛車正攻法でしたけど、屋敷、深浦(康市九段)、郷田さん(真隆九段)を見て、強すぎるからこのままじゃだめだと思って戦法を変えました。

 そのときにヒントになったのが、相撲です。下の人間が横綱に勝つときって、がっぷり四つじゃない。離れて取る、突く、いなす、足蹴りとかなんですよ。僕もこういうスタイルで、ちょっと乱戦気味に自分のペースに持ち込まないとだめだなと。寺尾(元関脇寺尾、錣山親方)を応援していましたね。

――なるほど。戦い方を真似したわけですね。

近藤 そうです。当時は定跡を突き詰めるというよりも、力がぶつかり合う将棋がほとんどでしたからね。1990年に無事に高校を卒業し、再び上京しました。初の三段リーグが春から始まったのです。

写真=杉山秀樹/文藝春秋

「もう四段にはなれないと思った…」絶望の中で生まれた新戦法“ゴキゲン中飛車”誕生秘話 へ続く

(小島 渉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング