1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

なぜ印象派の絵は“明るく”輝いて見えるのか 渋谷でフランス美術の黄金期を堪能する

文春オンライン / 2021年10月16日 11時0分

写真

撮影:古川裕也

 せっかくアートを観るのなら、きれいでキラキラして、気分のアガるものがいい。

 観る側のそんな素直な期待に、しっかり応えてくれる展覧会がこちら。東京渋谷、Bunkamuraザ・ミュージアムでの「ポーラ美術館コレクション展 甘美なるフランス」。

フランス美術の精華が集う

 タイトルにある通り、展示はすべてポーラ美術館の所蔵品で構成されている。箱根・仙石原の山中で瀟洒な佇いを見せる同館は、西洋近代美術の一大コレクションを有することでつとに知られる。そのなかから、19世紀後半~20世紀前半のフランス絵画を中心にセレクトし、一堂に展観できるようにしてある。

 よく体系立てられているとの世評も高いのがポーラ美術館のコレクション。その特長を生かし、今展では時代順に整然とテーマが定めてある。

 展示は4つに分かれ、まず第1章「都市と自然」でモネやルノワールら印象派の典型的作品が登場。第2章「日常の輝き」ではセザンヌ、ゴッホなどポスト印象派と呼ばれる面々の作品が並ぶ。第3章「新しさを求めて」はピカソやマティスと20世紀美術を牽引した画家を取り上げる。そして第4章「芸術の都」でユトリロやシャガールら20世紀パリに集いエコール・ド・パリと称された一群の動きを見せる。

 全編これ美術史上のスターばかり。ほんの50年ほどのあいだにこれほどのアーティストを輩出するとは、当時のフランス及びパリの文化度の高さが窺える。

印象派のとことん明るい画面に陶然

 会場に身を置いてみると改めて感じ入る。どの作品の画面も徹底的に明るいことに。まるで絵画それ自体が発光しているかのよう。

 とくに第1章のモネやシスレーの風景画、ルノワールの人物画はとことん目に鮮やか。しばしば印象派の特性として挙げられるのは、ある場面の瞬間を捉えて描いていることや、日常に転がっている親密なモチーフを扱っていること、光が事物にもたらす効果に敏感であること、などなど。それらが相まって「明るさ」が表現されているのだ。

 画面を明るくするための、技術面での工夫も盛んに開発された。印象派が出てくる前の西洋油彩画といえば、たいていはもっと暗くて重厚なイメージがある。描く内容もさることながら、絵具を幾重にも塗り重ねる油彩画の描法が原因だ。色は異なるものを重ねれば重ねるほど、濁って黒に近づいていってしまうのである。

揺らめく水の透明感と光を照り返す、蓮の葉の複雑な色合い

 キラキラした世界の輝きを描きたかった印象派の画家たちはどうしたか。色が混ざらないよう、細かい筆致で画面に原色を並べることにした。配分さえ適切にすれば、細かい色の群れは観る側の頭のなかでいい具合に混ぜ合わされて、明るい印象のままさまざまな色が表現されることとなる。筆触分割という手法である。

 こうした効果やねらいをよく確認できるのはたとえば、印象派の代表的な作例と言っていいモネの《睡蓮》。描かれているのは単なる蓮の葉が浮かぶ池の水面のみ。考えてみれば「これが、何か?」というモチーフに過ぎないけれど、揺らめく水の透明感と光を照り返す蓮の葉の複雑な色合いはなぜか人を惹きつける。ずっとそこで揺らぎ輝き続けていそうに感じられ、いつまでも眺めていられる。観ていると知らず気分が浮き立ち、軽やかになっていく。

リアルに絵画を体験してこそ味わえる、至福の時間

 雑事を忘れ、難しい考えは脇に置いて、眼前にあるものをただ陶然と眺める時間は至福だ。

 思えばそうした時間とは、実物と対面しリアルに絵画を体験してこそ味わえるもの。モニター越しに日々のあれこれを済ますことにすっかり慣れてしまった向きには、ぜひ同展へ足を運ぶことを推したい。

 ものごとを実地に体験することの魅力と歓びを、モネをはじめ綺羅星のごときアーティストたちが改めて教えてくれるはずだから。

(山内 宏泰)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング