1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

「母親なのにおっぱい出しすぎ」「お尻を強調しすぎ」…1児の母・紅蘭(32)がそれでも“自分を曲げない”と決めたワケ

文春オンライン / 2021年11月13日 11時0分

写真

紅蘭さん

「おいおい、そんなもん聞かすんじゃない!」血相を変えて飛んできて…紅蘭が語る、父・草刈正雄の独特すぎる“孫育て” から続く

 俳優・草刈正雄さんの二世タレントとして2013年に登場。陽気なキャラクターで人気を集めた紅蘭さんだが、実はその“キャラ”は、メディアによって作られた部分も大きかったと言う。

 自分らしくあり続けながら、母親業やビジネスに全力投球する方法について書いた 『#母であり私である〜子育ての最強幸福論』(KADOKAWA) を上梓した紅蘭さんに、芸能界と距離を置いた今だから感じる、テレビや世間に対して覚える「違和感」を聞いた。(前後編の後編/ 前編 から読む)

◆ ◆ ◆

旅行中に火事を撮影したら、なぜか「身バレ」してしまい…

――紅蘭さんはそもそもタレントになるつもりはなかったんですよね。

紅蘭 私はずっとダンスをしていて、小さな事務所にダンサーとして所属していました。

 そんな時、バックパッカーとして行っていたアフリカのサファリで大火事に遭遇して、その模様をブログにアップしたんです。そうしたら世界的にも大きな火事だったらしく、私のブログが注目されてしまって。で、なぜか「これは草刈正雄の娘だ!」とネットで身バレしてしまったんです。

――サファリの火事が芸能界入りのきっかけに?

紅蘭 アフリカにいる間から番組オファーが来ていたみたいです。帰国直後にバックパックを背負ったまま事務所に行って、日本で自分が今どういう状況になっているかを聞いて仰天した、という感じです。

――芸能界からのオファーについてはどう受け止めたのでしょうか。

紅蘭 また「パパの娘」として扱われる世界で生きることに抵抗がありましたね。

 小さい頃から「紅蘭ちゃん」でなく、「草刈正雄さんの娘さん」と呼ばれて育ちました。ダンサーになるためにアメリカに留学し、やっとそこで父の呪縛から離れて、自分自身を評価してもらえている実感を持てたんです。だからその後も父の名前がついてまわるのは嫌だったので、名字は伏せて活動していました。

 それに、子どもの頃は、自分の顔がちゃんと写っている写真がほとんどないくらい、人前に出るのが苦手で。

自分だけ、父にも母にも似ていない

――テレビでのご活躍を見ていると、とてもそうは見えなかったです。

紅蘭 弟や妹は前に出るタイプでしたけど、私は小さい時に父の舞台で黒子のお手伝いをしていました。それで早着替えの衣装を渡したりとか。今でも「黒子」って使いますか?

――言います言います。裏方志向だったんですね。

紅蘭 そうですね。私はずっとコンプレックスだったんです、自分の顔が。弟は父にそっくりで、妹は父と母のミックス。でも私だけ父にも母にも、どちらにも似ていなくて。

――しかし周りからは「草刈正雄の娘さん」として常に人目にさらされますよね。

紅蘭 だいたい「お父さんは昔めちゃくちゃかっこよかったんだよ」という言葉の後、「紅蘭ちゃんはお父さんに似てないね」って言われるんです。でもその順序で言われたら、「遠回しに私のことブスって言ってる?」と思うじゃないですか(笑)。「似てないね」だけならまだしも……。

――それでも、多くの人目に触れるメディアに出る決意をしたのはなぜでしょう。

紅蘭 せっかくダンスで自分に自信がついたところだったので本当に悩みました。事務所は「3ヶ月限定でもいい」と言うけど、私にとっては一回出たらもう終わりです。一度「草刈正雄の娘」だとバレてしまったら、3ヶ月も1年も変わらないですから。

 結局最後は事務所の社長とかいろんな人が出てきて……あれは大人の世界でしたね。完全に負けましたね(笑)。ただ当時はちょうど仕事もお休みしててフラフラしていた時期だったこともあり、いろんなタイミングも重なって「やってみるか」となりました。

――「草刈正雄の娘・紅蘭」としてデビューした芸能界で衝撃を受けたことはありますか。

紅蘭 最初にテレビに出る時、普段の私が絶対に着ないようなしおらしい感じのワンピースと薄化粧をされて、全然キャラじゃない“お嬢様”に仕立て上げられたことですね。

――「草刈正雄の娘なら清純派」みたいなことですかね。

紅蘭 そうですね。でも事務所の人はクラブで踊り狂ってる私を散々見てきているわけで、なのに「これで行け」はないだろうって……。

 こんなの吐きそうと思って、父に「収録なんてバックレる!」とキレまくったら、「よし、もういつものお前のままで行ってこい」と後押ししてもらえて。やっぱりパパは最高!と思いましたが、それでテレビに出たら、めちゃくちゃバッシングされました。

バッシングされても、「おもしろい」と思えた

――バッシングされるんですね……。一体何でですか?

紅蘭 当時は今より化粧もケバかったし、「ポールダンサーでーす」って感じでテレビに出たので、世間は「これがあの草刈正雄の娘?」みたいな反応で。私のことも、父との親子関係も何も知らない人たちが、「草刈正雄の娘らしくしろ」「草刈正雄の娘はこうあるべき」と指摘してきたんです。

――草刈正雄のイメージを壊さない娘でいろ、ということですかね。

紅蘭 正統派俳優の娘なら清純な娘でいろ、みたいなことでしょうね。おもしろいな、と思いました。

 周りがそんなに言うなら逆にこのままで居続けてやろうじゃないですけど、「だって私は私だから」が余計に強くなって、絶対に曲げませんでした(笑)。草刈正雄の娘であることは間違いないですけど、その前に「紅蘭」ですから!

――しかし2013年のデビュー以降、そのオリジナルなキャラクターが人気になっていきます。

紅蘭 当時二世で私みたいなオープンなタイプがいなかったし、父との“キャラの差”を面白がって、より派手に、よりぶっ飛んで、よりおバカに、みたいな言動を求められました。

――今度は紅蘭さんのキャラをメディア側が“盛って”いったと。

紅蘭 私が真面目なことを言ってもオンエアには使われませんでしたね。私からしたらポールダンスも芸術であり競技ですけど、世間のイメージはエロとかイロモノとか、そういう感じですよね。

 前は父からも「ストリッパーになったのか」と言われたこともあります。でもヨーロッパの大会の映像を見せたり、技の説明をしたりしたら、「オリンピックの競技になればいいな」と理解してくれて。

――紅蘭さんにとっては自分の好きなファッション・見た目をしていただけで、キャラを作っていたわけではないんですね。

紅蘭 テレビ受けを狙って面白くしようとか、ぶっ飛んだキャラでいよう、みたいなことはなかったですね。

有名人の写真を見せられても、名前がわからない

――タレントとしてのお仕事を振り返って、他にどんな苦労がありましたか。

紅蘭 日本のテレビ番組を全く見ない家だったので(詳細は 前編 )、有名人を知らなすぎて。それはかなり大変でしたね。たとえば明石家さんまさんレベルの方もわからない、みたいな。それくらいの知識だったんです。

――芸人さんの持ちネタとかをされても反応できないですよね。

紅蘭 だから私の反応でバレちゃうんですよ。「この人、僕のこと全然知らないな」って。でもそれもバラエティでは面白がられて、さんまさんレベルの有名な方の写真を見せられて、「適当でいいから名前言ってみて」って。

 それで私がでたらめな名前を言うとスタジオは大爆笑。でもこっちは「何がそんなに面白いんだろう?」って感じでした。

――それまでは、そういった紅蘭さんの個性を周囲は自然に受け入れていたのでしょうか。

紅蘭 私は幼稚園から大学まである一貫校に通っていたんですが、そこは芸能人やクリエイティブ系の親が多かったので、自分が他と違うとか、普通じゃない、みたいに感じることがほとんどなかったんです。

 カルチャーについても、皆が見ているものを見ていなくてもそれをいじったりするような空気がなくて、「ふ~ん」ってだけ。だから芸能界に入ってびっくりしました。

「母親なのにおっぱい出しすぎ」「お尻を強調しすぎ」

――清純派にされそうになったり、キャラを盛られたり、いじられたり……。

紅蘭 世間も「草刈正雄の娘らしくしろ」が終わったと思ったら、今度は「母親らしくしろ」とかね。最近は「母親なのにおっぱい出しすぎ」とか「お尻を強調しすぎ」ってよく言われます。

――でも紅蘭さんはお母さんになっても社長になっても変わらないですね。

紅蘭 「パパの娘」「娘の母親」の前に「私は私だから!」って思いはめちゃくちゃあります。昔よりは丸くなったと思うんですけど、それでもやっぱりずっと「私なんだもん!」でやってきました。

 それにパーソナルトレーナーもやっていたので、体のラインを自分で作ってきたという自負があって。だからそれも私の個性として、胸もお腹もお尻も全部、私が出したいから出してます(笑)。皆、他人のことに関心を持ちすぎじゃないかなって思います。

――芸能界をお休みしたのは、「私」を貫き通せない息苦しさもその一因でしょうか。

紅蘭 芸能界で活動したことでたくさん学ばせていただいて、人間としてレベルアップできたな、とは思っているんです。ただ、100%自分ではいられなかったし、自分が自分でなくなっていく感覚がありました。

 でも今は自分で作った会社です。子連れ出社もできるし、誰に指示されることもなく、ありのままの自分でメディアに出ることもできる。父の名前の呪縛からも離れて、本当に今は爽快ですね(笑)。

――自分らしさを大切にする紅蘭さんですが、ご著書 『#母であり私である〜子育ての最強幸福論』(KADOKAWA) で「自分語りは気が引けた」と書かれていて、少し意外でした。

紅蘭 自分の価値観や考え方について語ったものを、お金を払って買ってもらうっていうのが気が引けました。商品とか買ってもらうのだったら別ですよ。それは手元に残るから。でも、もしファンの方が私に聞きたいことがあるのであれば、インスタライブで話すのに、って(笑)。

 でも、誰かの役に立てるなら本を出す意味もあるかもしれないと思って、印税を寄付できるか、KADOKAWAさんに聞いたんです。そうしたらOKとのことだったので、印税は病児保育事業などを手がける「認定NPO法人フローレンス」さんに寄付します。

 私が寄付するということは、読者の皆さんも寄付するということなので、もしよかったらぜひ手に取ってみてください。

撮影=深野未季/文藝春秋

(小泉 なつみ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください