1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. ビジネス

NHK『ガッテン!』が来年3月で終了。前田会長は「来年4月から大幅に変わる」

文春オンライン / 2021年12月8日 16時0分

写真

NHK ©共同通信社

 NHKの人気番組『ガッテン!』が、今年度末で終了することが『週刊文春』の取材で分かった。

 立川志の輔と小野文惠アナウンサーが司会を務め、食・健康・美容・住まいなどの身の回りの生活情報を伝えてきた老舗番組で、前身の『ためしてガッテン』は1995年にスタートし、2016年にリニューアルして現在の番組名に。足掛け26年にわたって続いてきたが、今回、打ち切りの対象となった。

 今年5月12日には13・7%を記録するなど、視聴率も良かったという同番組がなぜ終了してしまうのか。NHK関係者が語る。

「前田晃伸会長は『会長特命プロジェクト』と呼ばれるチームを立ち上げ、改革したい分野について検討させています。その一つに番組編成についての特命プロジェクトがある。本来ならば番組改編は編成局が中心となり、1年ほど時間をかけて検討が行われますが、特命は別。会長の意向を汲んで番組の検討を行う」

『ニュース シブ5時』も年度末で終了

 影響を受けたのは『ガッテン!』だけではない。他にも『ニュース シブ5時』も年度末で終了することが決まっている。

 12月6日の早朝、自宅から散歩に出てきた前田会長に話しかけると、歩きながら質問に答えた。

――『ガッテン!』『シブ5時』が終わる?

「そうなの? いつ?」

――今年度末と聞いています。

「全体的に来年4月から大幅に変わるから。これから決まるんじゃないかな」

――打ち切りを指示した?

「個別についてどうこうはない」

――『ガッテン!』は私の親も好きでよく見ていた。

「僕もずっと見ているよ。面白いよね。長持ちしているのは理由がある。でもそれだけでいいのかってね。マンネリ化しちゃう。常に新しいのは出さないといけない」

 その他、会長のもとで行われている「政治部・経済部」の改革や、会長から全社員に送られてきた人事メール、『クローズアップ現代+』の改編などについて、詳しくは12月8日(水)16時配信の「 週刊文春 電子版 」および12月9日(木)発売の「週刊文春」で報じる。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年12月16日号)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください