前妻が独占告白 強欲ゴーン氏の素顔

文春オンライン / 2018年11月20日 16時30分

写真

カルロス・ゴーン会長 ©文藝春秋

 11月19日、日産自動車のカルロス・ゴーン会長が、自らの報酬を過少に申告した疑いがあるとして金融商品取引法違反の疑いで逮捕された。逮捕を受けて、ゴーン氏の前の妻であるリタ・ゴーンさんが、「週刊文春」の取材に応じた。

「おカネに関しては、カルロスは正しいことをしたことがありません。高額な所得を隠すために、色々なことをしていた。今回の逮捕は、彼のような人間には当然の結果だと思います」

 リタさんは、2週間前、レバノンの法律事務所でゴーン氏と面会していたという。

「『黙らないと、賠償命令を4500万ドル(約50億円)に上げるぞ』と脅されたのです」

 リタさんは、今年5月、ゴーン氏からDVを受けたと「週刊文春」(5月24日号)で告白。レバノンで1500万ドル(約16億5000万円)の賠償金を請求されていた。

 11月21日(水)発売の「週刊文春」では、リタさんの独占告白に加え、ゴーン氏の私物化を告発した日産「極秘チーム」の動き、結婚式をヴェルサイユ宮殿であげ、世界各国に“社宅”を持つゴーン氏の金満ぶりについて詳報する。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年11月29日号)

文春オンライン

トピックスRSS

ランキング