貴乃花が語った「弟子・貴景勝への思い」と「父から学んだ“一子相伝の秘技”」

文春オンライン / 2018年12月15日 7時0分

写真

貴乃花光司さん

「弟子を褒めない人が珍しく、褒めてくれました。『オマエなァ、普通なら緊張して体が動かないのが当たり前なのに、よく勝った。勝てると思わなかったのに……』と」

 9月に日本相撲協会に引退届を提出した元貴乃花親方が、ジャーナリスト・二宮清純氏のインタビューに答え、半生を捧げてきた「平成の大相撲」を総括した。

 元貴乃花親方は、昭和の終わりに角界の門を叩くと、平成4年(1992)に初優勝。平成6年には22歳で横綱に昇進し、その後、平成15年の引退までに22回の幕内最高優勝を達成。誰もが認める「平成の大横綱」だ。

 冒頭で紹介したのは、1991年の5月場所初日で、横綱・千代の富士を破った際に、父・貴ノ花からかけられた言葉である。

「一子相伝の秘技」とは

――この金星は、昭和から平成へのスター交代を突きつけました。18歳9カ月での金星は史上最年少です。

「私は前頭筆頭でした。場所前の報道で当たるのではないか、という予感はしていました。ただし緊張はなかったですね。横綱相手に、胸を借りるつもりでぶつかっていこう。考えていたのは、そのことだけでした」

――千代の富士関と対戦するにあたり、先代から戦術的なアドバイスは授かっていたんですか?

「それは以前から授かっていました。具体的には言えませんが、教わるたびに、これはすごいなと。プロの職業とはこういうものだと驚いてばかりいました」

――まさに一子相伝の秘技ですね。

「これは、はっきり言ってウチの弟子にしか教えていません。いや、教えようとしても、弟子がそのレベルに達していないと意味がないんです。技術を先に教えるとつぶれていく場合もある。私が育てた弟子の中で、それができるレベルにあるのは、今のところ貴景勝だけです。いわゆる暗号めいた指示でも、彼は理解できる」

 このインタビューで、元貴乃花親方は、2001年、最後の優勝となった武蔵丸との取組や九州場所での愛弟子・貴景勝の初優勝について語り、さらに、今後の相撲界のために法人を作って「全国行脚」を開始することも明かした。

 全文は、発売中の 「文藝春秋」2019年1月号 で読むことができる。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2019年1月号)

文春オンライン

トピックスRSS

ランキング