西山茉希、離婚…夫・早乙女のDV疑惑&家事協力ゼロでも結婚6年も続いた“謎”

Business Journal / 2019年6月27日 16時5分

写真

 

 俳優の早乙女太一とモデルの西山茉希夫妻が、6月26日に離婚を発表した。交際時から話題を振りまいてきた2人だけに、離婚という結末を迎えて大きな注目を浴びている。

 

 一部メディアで26日朝から離婚を報じられていたが、2人は公式サイトで「この度、私たち早乙女太一と西山茉希は、6月26日に離婚したことをご報告させていただきます」と正式発表。続けて「事実より先に今朝の報道が出てしまったことには困惑しておりますが、突然の事にご心配をおかけした皆様へ、心よりお詫び申し上げます」と謝罪している。

 

 早乙女と西山の間には2013年に長女、16年に次女が誕生している。今後については「夫婦という形ではなく、パートナーとして、変わらずお互いに尊重し合い、協力し合いながら、2人の間に生まれてくれた大切な子供達の笑顔を、父親と母親として守っていきます」と綴っている。

 

 2人が結婚したのは13年6月だが、入籍に至るまでには紆余曲折を経ている。12年2月に2人の熱愛が報じられた直後の5月、路上で西山に暴力を振るう早乙女の姿を週刊誌「女性自身」(光文社)が詳細に報道。別れを切り出した西山に、早乙女は「こんなんで別れたら、俺は絶対、お前を許さない! 絶対に別れねぇ!!」と激昂していたという。

 

 13年1月には同棲解消・破局報道があったものの、同年4月に西山の妊娠が発覚して2人は結婚を発表。早乙女のDV報道からあまり時間がたっていなかったことから、ネット上には「DVをするような男とよく結婚できるな」「喧嘩してすぐに離婚しそう」といった声が続出した。

 

 “すぐに離婚する”という多くの予想は外れたものの、最近は西山がテレビ番組で早乙女に対する不満を口にしたこともある。18年8月放送の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演した西山は、家事を手伝おうとしない早乙女のエピソードを暴露。洗濯で忙しい西山に「これ以上おなかがすくと、普通のおいしさじゃダメかも」と食事を急かしてきた早乙女に対し、西山は「『協力しろや!』と思うじゃないですか」と怒りをあらわにした。

 

 約6年の結婚生活に終止符を打った早乙女と西山に対し、皮肉にもネット上では「逆によく6年も続いたなと思う」「DV交際からの結婚で6年は、よくもったほうじゃない?」「意外と長続きしましたね」という声が多く並んだ。

 

 2人がこれからどのような道を進むにしても、子どもたちの幸せを第一にしてほしい。

(文=編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング