トヨタの大人気ミニバン「シエンタ」は今が買い時!価格割安&燃費良い&小回り利く!

Business Journal / 2019年7月15日 8時30分

写真

どんなクルマなのか?

 多人数で乗車できる3列シートのミニバンは人気の高いカテゴリーです。この中でも特に好調に売れている車種が、トヨタ自動車「シエンタ」です。全長を4260mmに抑えた5ナンバーサイズのボディは最小回転半径も5.2mに収まり、混雑した街中でも運転しやすいです。

 その一方で、薄型燃料タンクの採用により、車内後部の床を低く抑えました。ボディが小さいわりに3列目シートも快適で、畳めば大容量の荷室になり、荷物を積みやすいです。実用性が優れています。

人気を得ている理由

 多人数で長距離を移動するならミドルサイズ以上のミニバンが必要ですが、短距離が中心のユーザーにはムダが増えてしまいます。多人数乗車の移動時間が片道30分程度なら、コンパクトなシエンタで十分でしょう。運転がしやすくて価格も割安、燃費も良いために、ファミリーユーザーの間で人気を高めました。

気になる8つのポイントチェック&星取り採点

(1)居住空間の広さとシートの座り心地

★★★★☆

 ボディが小さく全高も1700mm以下ですが、薄型燃料タンクで床が低いです。3列目に座っても窮屈ではないです。

(2)荷物の積みやすさとシートアレンジ

★★★★☆

 薄型燃料タンクの採用で荷室の床面地上高も505mmと低いです。荷物を大きく持ち上げずに積めます。

(3)視界や小回り性能など運転のしやすさ

★★★★☆

 ミニバンではボディが小さく、最小回転半径も5.2mに収まります。ただし、ななめ後方の視界は良くないです。

(4)加速力やカーブを曲がるときの安定性

★★★☆☆

 車両重量が1300kgを超えるので、1.5Lエンジンでは加速力がおとなしいです。走行安定性は良いです。

(5)乗り心地と内装の質感などの快適性

★★★☆☆

 乗り心地は少し硬いですが、デコボコを通過したときの突き上げ感は抑えました。内装は価格のわりに上質です。

(6)燃費性能とエコカー減税

★★★★☆

 ノーマルエンジンでもJC08モード燃費は20.2km/Lで、エコカー減税は取得税が20%、重量税は25%軽減されます。

(7)安全装備の充実度

★★★★☆

 歩行者を検知できる緊急自動ブレーキ、ペダルの踏み間違いで生じる急発進を防ぐ機能などが備わります。

(8)価格の割安感

★★★★☆

 ノーマルエンジンのX(7人乗り)は181万6560円。緊急自動ブレーキやエアバッグを充実させて、約197万円です。

選ぶときに確かめたい3つのメリット

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング