電気自動車の“黒船”テスラモデル3が500万円で日本上陸!日産リーフの牙城を崩せるか

Business Journal / 2019年8月1日 11時30分

写真

 現在、自動車を取り巻く最先端技術の中で注目されているのが、自動運転と電動化だ。ちょうど2019年6月3日、国土交通省と経済産業省から乗用自動車の新しい燃費基準が発表された。新しい燃費基準の概要はというと、2030年度を目標に、燃費の基準値を2016年度実績比で32.4%改善となる25.4km/Lとしている。また、対象となるのはガソリン車をはじめ、ディーゼル車、LPG車に加えて、新たに電気自動車(Battery Electric Vehicle/以下、BEV)やプラグインハイブリッド車が追加されているのが注目のポイントといえる。

 25.4km/Lという基準値は、純粋なガソリン車でクリアすることは厳しい数値で、電動化をしなければ確実に達成できない。しかし、ここで勘違いしていただきたくないのは、電動化=すべてをBEVにすることではないということだ。電動化というと、自動車にあまり詳しくないメディアはすぐに「内燃機関+化石燃料」を否定し、BEVへのシフトを推進すべきだという論調の記事を掲載しがちだが、現状、それはなかなか難しいだろう。なぜなら、仮に現在保有されているクルマをすべてBEVに置き換えたとしても、すべてのクルマに電力を供給することは難しいからだ。また、搭載できるバッテリー容量による走行距離の短さや車両本体価格の高さも壁となり、BEV普及を阻んでいることも付け加えておきたい。

 これは個人的な見解だが、現在トヨタが開発中とされている「全固体電池」のように、搭載バッテリーに技術的なブレイクスルーが起きない限り、現時点でBEVは、限られたエリアのみで使用するシティコミューター的な乗り方がベストだと考えられる。長距離を走行するためにバッテリーをたくさん積めば、その分車量重量も重くなるし、価格も高額になってしまう。

 しかし、厳しい燃費基準値をクリアするためには、電動化はマストだ。そうなると、少なくともしばらくの間は、ハイブリッド車やプラグインハイブリッド車がより高効率化され、自動車の主役となっていくのではないかと考えられよう。

ジャガー、ベンツ、ポルシェ……各社が“電気自動車”を開発

 しかし、着実にBEVシフトの動きは始まっている。それは、国産メーカー主導ではなく、実は外国メーカーのほうが積極的なのだ。イギリスの高級車ブランド、ジャガーは2018年9月より、ブランド初となるBEVのSUV「I-PACE」の予約を開始し、2019年になってデリバリーを開始した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング