キャンドゥ、使うと大惨事orとにかくイラつく「買ってはいけない商品」5選!

Business Journal / 2019年8月11日 7時30分

写真

 

「ダイソー」「セリア」という100円ショップ業界を牽引する人気ブランドに肩を並べているのが「キャンドゥ」だ。多数のアイデアグッズを販売しており、100円ショップ戦国時代のトップの座を狙っている。

 設立は1993年で、業界では後進ながらも、創業翌年には早々とフランチャイズビジネスをスタート。着実にシェアを広げていき、創業20周年を迎えた2013年には、店舗やブランドのロゴを一新。白とオレンジをベースとした、モダンな雰囲気に生まれ変わった。

 今年の6月末時点で1027店舗を数えており、堅実かつ高品質な品揃えで人気を呼ぶ一方で、315円、525円と価格帯の違う商品も数多く取り揃えている。さらに、数十個単位でのネット注文が可能など、他のブランドにはない差別化にも尽力しているのだ。

 そんなキャンドゥだが、なかには「108円といえど、これは損したかも……」と後悔してしまう残念グッズがあることも事実。今回は「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」の独自調査により、キャンドゥの「この夏、買ってはいけない残念グッズ」を5つ選出したので、今後の買い物にぜひとも役立ててほしい。

ウィズバッグ(黒)/108円(税込、以下同)

 夏の日のちょっとした買い物シーンに、薄手の素材で丈夫なバッグがあると便利だが、キャンドゥのウィズバッグは少し考えものだ。108円という安さを踏まえると、一概にダメとはいいがたいのだが、残念ポイントはいくつも挙げられてしまう。

 まずは、エルメスのトートバッグを連想させるようなデザインになっていること。なまじ似ている分、チープさが目立ってしまうのは確実だろう。

 さらに気になるのが耐久性だ。エルメスよろしく、持ち手をバッグの外側に縫いつけているのだが、そのステッチが心もとないため、使っていて不安に駆られる。持ち手部分もペラペラで、変な折りグセがついてしまうと容易には直らないというのも難点だろう。

インテリアシート板壁風ホワイト/108円

 夏の模様替えとして、壁紙を新調したくなる場面もあるだろう。100円ショップの壁紙は安価なのでついつい手に取ってしまうが、“安物買いの銭失い”に陥るケースが多く、このアイテムもその例のひとつなのだ。

 板壁風のプリントはリアルで、100円ショップの商品としては高クオリティな部類に入る。しかし、その壁紙の薄さは間違いなく減点ポイント。薄すぎるせいで下地が透けてしまうため、色の濃い下地の場合は、かなり厳しい仕上がりになるはずだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング