実質賃金への誤解…アベノミクス以降6%増加 15歳以上人口一人当たりで

Business Journal / 2019年8月16日 7時0分

写真

 

実感なき景気回復の裏づけとされる実質賃金の低下

 これまでの日本経済は、景気回復が続いてきた。GDP統計によれば、日本経済は2012年から2018年まで7年連続でプラス成長を続けてきた。また、失業率は2017年に23年ぶりに3%を下回り、雇用情勢も好転してきた。しかし、実質賃金の低下を理由に、このような景気回復を体感温度の上昇として実感できた人は、必ずしも多くないとする向きもある。

 ただ、実質賃金の基となる名目賃金が総人件費を常用労働者数で割って算出されることからすれば、実質賃金が低下傾向にある背景には、常用労働者の増加というマクロ経済的に評価できる側面もあると考えられる。

 そこで今回は、15歳以上人口で割って算出した実質賃金を名目賃金と物価上昇率から試算し、今後の政策対応について考えてみたい。

 

原因は物価の上昇と雇用者数の増加

 過去3回の景気循環を見ると、日本の景気が回復したのは、(1)2002年2月~2008年2月、(2)2009年4月~2012年3月、(3)2012年12月~の3回となる。

 今回の特徴としては、極端な円高・株安の是正と世界経済の拡大により需要が拡大して労働需給が逼迫し、それに従って雇用が大きく増えた。そして、名目賃金が増加していることや物価が上昇していることが、これまでと異なる点である。常用雇用者数で見れば、今回の局面では過去2回の回復局面をかなり上回るかたちで増加している。名目賃金が大幅に増加しているのもうなずける。しかし、実質賃金が大きく水準を下げている。

 この背景には、以下の2つがある。

(1)消費増税等により消費者物価が上昇しており、名目賃金の増加が購買力の増加に十分に結びついていない。

(2)増加した雇用者の中身を見ると、賃金が低い女性や高齢者の増加が目立つ。

 実際、消費者物価が消費増税以降急激に水準を上げる一方で、実質賃金は過去2回の回復局面と比べて明らかに水準が低い。消費増税による家計の圧迫、労働参加率の上昇等の構造的な問題が重石となり、実質賃金の上昇が阻害されていると考えられる。

 このように、名目賃金の上昇以上に物価が上昇していること、女性や高齢者の労働参加が進んでいること等が実質賃金低下の原因となっている。

より実感に近いのは15歳以上人口ベースの賃金

 しかし、実質賃金の低下の判断には注意が必要だ。実質賃金を判断する場合、一人当たり賃金で計る場合と、総賃金で計る場合では、評価も変わってくる可能性が高い。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング