『ノンフィクション』美奈子、長男の苦悩告白に謝罪拒否…「毒親」「自分勝手」と批判殺到

Business Journal / 2019年8月19日 19時0分

「やっぱり美奈子が“ガン”だわ。ここで『そう思わせたのはお母さんだよね。ごめんね』って言えていたら、どんなに星音くんが救われたか」

「母親が子どものことを考えるのは当たり前。でも結局、美奈子は自分の生き方で子どもを振り回してきたわけだし、そこは謝るべきでは?」

「美奈子が生き方を見直さないんじゃ、子どもも変われないよなぁ。星音くんが気の毒すぎる」

「美奈子は泣くなよ。マジで自分勝手だな」

「毒親」

といった声が飛び交った。

 一方、星音くんに対しては、

「同じように育っても、子どもによって感じ方は違うしね」

「星音くんが弱いとか、乃愛琉ちゃんが強いとか、そんな単純なことじゃない」

「自分もこの子らのような環境で生きてきたし、星音くんの気持ちが痛いほどわかる……。乃愛琉ちゃんだって頑張っていてすごいけど、やっぱり心配だよ……」

など、心の痛みを思いやる声が多数見られた。

 そんな今回の密着のラストは、家族が一つになるために出かけた“キャンプ旅行”の様子だったのだが、ネット上には

「なんだこの茶番は?」

「こんなの美奈子と義人の自己満足でしかない」

「結局、星音くんや乃愛琉ちゃんも参加してたけど、番組のことを考えて断れなかったのかも。マジで可哀想」

「普通の19歳や17歳でも、家族とキャンプなんか行きたくないよ!」

といった意見が寄せられていた。

 外野から“家族のあり方”に関してあれこれ言われるのは余計なお世話だろうが、美奈子のスタンスは、多くの視聴者から共感を得たとはいえないようだ。

(文=編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング