ダイソー「冷んやり水筒」「持続冷感ミスト」が100円&“感動的な優れモノ”!

Business Journal / 2019年8月22日 6時15分

 このフラットポーチシリーズのウリはなんといっても、いい意味で100円ショップらしからぬ優れたデザイン性。“インスタ映え”しそうなイラストや、大人っぽいイニシャルプリントが好評を博している。

 綿がベースのマットな肌触りのシリーズに加えて、今年の夏には、防水性能も備えた爽やかなビニール製のクリアータイプも登場。このサマーシーズンにバッグに忍ばせておくのに最適な、汎用性・コスパともに高いアイテムだといえるだろう。

扇風機カバー(SURFパンダ)/108円

 身体から、じわじわと汗が噴き出してくる夏。耐えられずにエアコンで冷房をつけてしまいたくなるが、あまり多用すると、夏バテや風邪の原因になりかねない。安全性やコストを考えると、エアコンよりも扇風機のほうがベターだろう。

 そこで使ってほしいのが、ダイソーの「扇風機カバー」。サッと取りつけるだけで、キュートでオシャレなパンダのサーファーがお目見えする。そのままだと殺風景になりがちな扇風機が、夏の部屋を彩るアイテムに、ちょっぴりランクアップするのだ。

 また、ビジュアル面だけでなく機能面も優秀。扇風機が吸い上げてしまった大きなホコリをこのカバーがキャッチし、飛散するのを防いでくれるほか、子どもたちが指を挟んでしまう危険性も軽減できる。素材はポリエステル製で、そこそこ伸縮性もあるため、取りつけが楽なのも高評価だ。

 

冷んやり水筒/108円

 年々猛暑がキツくなる夏。当然のことながら、水分摂取はしっかりと行わなければならない。だが、出先で毎回ペットボトル飲料を購入するのは経済的ではないし、中身がすぐにぬるくなってしまうのも、ゲンナリするポイントのひとつだ。

 そこでおすすめしたいのが、ダイソーの「冷んやり水筒」である。この水筒、シンプルかつオシャレなロゴがついているので男女問わずに使えるうえ、とある秘密機能のおかげで、ペットボトルにはない保冷効果が期待できるという優れものなのだ。

 その秘密機能とは、“中棒”と呼ばれる筒の存在。この筒に水を注いであらかじめ凍らせておき、ドリンクと一緒に水筒の中に入れておくと、中身がずっと冷たく保たれるというわけだ。内容量も400mlとたっぷりサイズなので、冷たい飲み物が手放せない夏に、ぜひ使ってみてほしい。

 

スゴッ冷感!! ひんやり持続冷感ミスト160ml/108円

 うだるような暑さのなか、とにかく身体をクールダウンさせたいというときに役立つイチオシ商品が、ダイソーにはある。それがこの「ひんやり持続冷感ミスト」だ。

 この冷感ミストは、外へ出かける前に使用するもの。その日着ていく服に数回噴霧するとメントールの成分が染み込み、汗をかいても、その成分が気化して身体をひんやりとさせてくれるのだ。

 より効果的なのは、服をひっくり返して、裏地に噴きかけるという使い方である。こうすると、よりひんやり感を高めることができるだろう。ノズル部分には誤射防止のストッパーがついているので安心だし、160mlという大容量にも満足できる商品だ。

 ダイソーのサマーシーズンアイテムは、さすがに品揃えが豊富で、そのクオリティも高い。デザイン的にはガーリーでポップなデザインのものも混ざっており、小さい女の子のいる家庭では、特に喜ばれそうだという印象も受けた。ぜひともこの夏は、ダイソーの夏商品を活用し、快適に過ごしてみてはいかがだろうか。

(文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio)

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング