小泉進次郎、結婚で女遊び次々暴露→人気ガタ落ち…内閣情報調査室が首相官邸に報告か

Business Journal / 2019年9月9日 18時50分

写真

 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 夏休みはゆっくり過ごされましたか? 夏の参議院議員選挙も終わり、臨時国会も10月の招集で調整中なので、永田町も少しのんびりしている感じです。

 でも、8月7日の小泉進次郎衆議院議員の結婚報告は永田町にも激震が走りました。滝川クリステルさんとの交際は、本当に誰も知らなかったのです。そのため、実は多い進次郎ファンの秘書たちの間では「進次郎ロス」という言葉も出るほどでした。

 それもあってか、永田町ではおめでたいムードが一切ありませんでした。結婚・妊娠という「ダブルおめでた」なのに、祝福されてないのがお気の毒です。今後はどうなるのでしょうか。

「これで進次郎議員の内閣入りが濃厚だ」という人もいれば、「マスコミに“次期首相”なんて持ち上げられてけしからん。入閣なんてまだまだ早い」という声もあって、9月11日に発表予定の内閣人事がどうなるのか楽しみですね。

 ただ、小泉議員は大きなミスをやらかしています。それはもちろん、「育児休業宣言」です。“ゲス不倫”で辞職した宮崎謙介元衆議院議員もそうでしたが、永田町では根回し不足の「育休宣言」なんてひんしゅくを買うだけです。国会議員は民間とは違うのですから、男性でも女性でも炎上します。

 個人的には、お子さんが産まれたらお子さん優先の日程があってもいいとは思いますし、それが自然になればいいですけどね。

小泉進次郎の「40歳までは遊ぶ」発言

 まさかのデキ婚発表以降、永田町ではメディアを通じた小泉議員情報の暴露合戦が続いています。元交際相手のことなど、一部は報道されていますよね。しかし、滝クリさんとのことは小泉議員の番記者さんたちもみんな知らなかったそうで、各社の上層部から相当怒られたそうです。

 番記者さんたちによると、小泉議員は以前から記者たちに「40歳までは遊び倒す」と宣言、「それまでは絶対に結婚はない!」と言い切っていたそうです。そのため、記者たちは噂があっても「どうせ遊びだから」と深追いしなかったんですね。また、お相手の滝クリさんは美しすぎるせいか、計算高く見えるのか、あまり女性ウケしないタイプの方のようです。それもあって、永田町は微妙な空気に包まれているのです。

 デキ婚発表後の小泉議員の世間的評価の低迷については、すでに内閣情報調査室の職員から菅義偉官房長官に報告されています。菅官房長官から安倍晋三首相にどう伝わり、内閣改造にも影響があるのかどうか、気になるところです。

橋本聖子五輪相の誕生は確実か

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング