『あなたの番です』スペシャル版Hulu23日配信?をなぜか大々的に宣伝できない裏事情

Business Journal / 2019年9月22日 21時0分

写真

 日本テレビとしては25年ぶりの2クール(6カ月間)放送のドラマとして、この4月から放送開始された『あなたの番です』(日本テレビ系)。当初は「なぜ半年もやるのか?」「キャスティングが地味すぎる」と酷評されていたが、いざフタを開けてみると、緻密なストーリーテリングやマンションの住民が次々と死んでいくという衝撃的な展開が大きな波紋を呼び、徐々に人気沸騰。放送後は毎回、「犯人予想ブログ」を中心にネット民が大いに盛り上がり、今年を代表するドラマにまでなった。9月8日に迎えた最終回の放送も視聴率は19.4%を記録(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同)。日曜22時30分スタートの「日曜ドラマ枠」の作品としては、異例の好成績を残したのだった。

 あるテレビ雑誌の編集者は、本作の功績について次のように語る。

「不謹慎ながら最終回オンエアの日に台風が直撃したことも功を奏したともいわれていますが、まさかの19%超え。前作の『3年A組―今から皆さんは、人質です―』の最終回も15.4%を記録し話題となりましたが、それを大きく超えるほどの評価を得ました。ドラマが始まった当初は視聴率も6%台を行ったり来たりで、『半年も持たずに打ち切られるのでは?』などともいわれていたので、この巻き返しはドラマ史上に残る功績だと思いますね。

 ただし、高視聴率を獲ったがゆえの遺恨も数多く残りました。真犯人が黒島ちゃん(西野七瀬)だったことはある程度納得できるとして、『赤池幸子は誰に殺されたのか?』『ラストに登場した車椅子に置かれたメッセージは誰が書いたのか?』『住民にGPSをつけていた疑いのある江藤は何をしたかったのか?』など、回収されていない伏線が数多くあるんですよ。ネット民からは当然のように非難の嵐が巻き起こり、日テレにも苦情電話が殺到。最終回直後に黒島ちゃんの過去を描いた動画がHuluで配信されると知らされるとアクセスが集中し、Huluのサーバーがダウンするほどでした」

Hulu版『あな番スペシャル』を宣伝できない“ある事情”

 そんなHuluでは『あな番 未回収を回収SP』(仮題)が9月23日と29日に配信予定との報道があり、企画・原案の秋元康氏が視聴者からの疑問にすべて答えるというのだが……。ある制作会社のプロデューサーは次のように指摘する。

「実はこれ、ネットでは東スポのスクープ情報として出てますが、どうやらまだオフィシャルの話ではないようなんです。というのも、秋元さんは以前に同じ日曜ドラマ枠で企画・原案を務めたドラマ『愛したって、秘密はある。』でも同じようにHuluで最終回SPをつくり、『なんで最後に有料なんだよ!』と視聴者から批判を受けた経緯があり、なかなか大々的には告知できないのだとか。おそらくスタッフサイドも、視聴者がここまで謎ときにハマるとは予測してなかったようで、ちょっとした板挟み状態らしい。日テレ局内でも『クチコミで話題にしてもらうしかない』との声が多いみたいですね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング