IKEA、“使えない”買うと後悔する日用品5選…レンジで割れる「レンジ対応」プレート

Business Journal / 2019年10月11日 6時15分

写真

 家具量販チェーンの「IKEA」を運営する、イケア・ジャパンの業績が伸び悩んでいる。2018年8月期の決算では、売上高こそ840億9100万円で前年同期比13.5%増を記録したが、一方では9億6200万円もの営業損失を計上してしまっているのだ。

 そもそもIKEAはスウェーデン発祥の店舗で、北欧らしさを感じさせる、洗練されたデザインの商品に定評がある。価格も安いし、千葉の船橋に日本1号店を出店してから順調にファンをつかんできたかのように思えたが、どうやらEC事業への出遅れなどが響いているようだ。

 もっとも、インターネット上の商品レビューに目を向ければ、商品自体のクオリティに疑問を呈している人も少なくない。デザイン性を重んじるばかりに機能性が置き去りにされてしまっては本末転倒だが、その実状はどうなっているのだろうか。

 そこで今回「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」では、IKEAの商品を実際にいくつか購入してみて、「この秋、買ってはいけない日用品5選」を独断でセレクトした。せっかくの買い物で後悔してしまわないよう、IKEAに出かける前にはぜひご一読いただきたい。

STABIL(油はね防止用ふた)/299円(税込、以下同)

 食欲の秋が到来し、夏に比べると料理へのモチベーションが上昇する人も多いのではないだろうか。IKEAの「STABIL(スタビール)」という油はね防止用ふたは、フライパンを使った炒め物や焼き物を料理する際に重宝するのだが、欠点も見受けられる。

 まず指摘したいのは、直径32cmというサイズ感だ。32cmもあればほとんどのフライパンで使えそうだが、「逆に大きすぎる」「ほかにもサイズを展開してほしい」という希望が多くあがっているのも事実。

 また、収納時にかさばらないようにとの配慮から取っ手がたためるようになっているのだが、この取っ手がステンレス製なため、調理中には熱を帯びる。それにより鍋つかみを使うことが必須となるので、ストレスが溜まりかねない。

HEAT(鍋敷き)/299円

 涼しくなるに連れ、あたたかい食べ物が少しずつ恋しくなってくることだろう。IKEAの「HEAT(ヒート)」というコルクの鍋敷きは3ピース299円で売られており、コストパフォーマンスは優秀に思えるのだが、“安かろう悪かろう”の疑いがある。

 軽さの割に厚くてしっかりした鍋敷きではあるものの、熱い鍋を置くとくっついたり、コルクがボロボロになったり、“値段相応”といったところ。鍋敷きとしてではなく、花瓶や植木鉢の敷物として使ったほうが賢明かもしれない。

BRUSANDE(プレート)/899円

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング