ルミネの「女性応援」CM、セクハラ、女性蔑視と批判殺到 誠意ないお詫びで、さらに炎上

Business Journal / 2015年4月23日 6時0分

写真

 先日、駅ビル・ショッピングセンターを運営するルミネのCM動画がインターネット上で議論を巻き起こし、“大炎上”した。問題になったのは、ルミネが「働く女性たちを応援するスペシャルムービー」として公開したCMの第1話だ。公開されるや否や「セクハラではないか?」「女性蔑視だ」など否定的な声が殺到して話題になった。

 現在、同CMは削除されているが、「女性を応援する」とうたいながら、まったくもってその気が感じられない。例えば、出社する地味目な女性に同僚の男性が近づくシーンでは、以下のような会話が繰り広げられる。

男:「なんか、顔、疲れてんな。残業?」
女:「普通に寝ましたけど……」
男:「寝てそれ? はっはっは……」

 また、社内で華やかな巻き髪の女性社員が現れた際のやりとりはこうだ。

男:「やっぱかわいいな~、あの子」
女:「そうですね。いい子だし」
男:「大丈夫だよ。ヨシノ(女性の名前)とは需要が違うんだから」
女:「……需要?」

 その後、画面には「【需要】じゅ・よう 求められること。この場合、『単なる仕事仲間』であり『職場の華』ではないという揶揄」というテロップが映し出される。最後には、ヨシノさんが鏡の前で「最近、サボってた?」とつぶやき、「変わりたい? 変わらなきゃ」というナレーションとともに「変わりたい? 変わらなきゃ。LUMINEも変わる」のテロップが流れる。

 仕事をがんばる女性を「寝てそれ?」と笑う様子や、他の女性と比較して「需要が違うんだから」という発言は、確かにセクハラといわれても仕方ないだろう。また、「需要」という言葉については、主人公の女性を嘲笑するようなテロップまで流されるが、女性社員に「職場の華」であることを求めるとは、時代錯誤もいいところだ。このCMを見る限り、働く女性に対して「おしゃれをして職場の華になりなさい」と押しつけているようにすら感じられる。

 アパレル関係の仕事をしている20代の女性は、CMの内容についてこう語る。

「セクハラまがいの男性社員のためにおしゃれするなんて、ありえないです。そもそも、私たちは職場の華になるために仕事をしているわけではありません。同僚にあんな失礼な態度をとられて『変わらなきゃ』なんて思う女性はいないと思います。むしろ、変わらなきゃいけないのは、あの男性のほうではないでしょうか」

 IT関係の会社に勤めている30代の女性も、CMを視聴した感想をこう語る。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング