『スカーレット』視聴率が急上昇!31歳の戸田恵梨香が朝ドラヒロインにこだわるウラ事情

Business Journal / 2019年10月27日 19時30分

写真

 10月期から始まった、NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』。女性陶芸家の草分けとなる主人公を戸田恵梨香が演じているのだが、やはり前作の『なつぞら』(主演:広瀬すず)と比べると「地味に感じる」という声も。果たして『スカーレット』は観るべきドラマなのだろうか? あるテレビ誌の記者は次のように語る。

「朝ドラの歴代ヒロイン総出演だった『なつぞら』は、ある意味“反則”的な朝ドラでした。主演が今をときめく広瀬すず、朝ドラ100作目というメモリアルな作品ということもあって、NHKが出し惜しむことなく貫地谷しほり、山口智子らの歴代ヒロインをいろんな役で投入、作品をおおいに盛り上げました。そのぶん、ストーリーよりも話題性に寄りすぎた作品だったともいえます。

 その点、今回の『スカーレット』は“古き良き”上質な朝ドラに回帰して、丁寧にヒロインを描いています。すでに民放ドラマでは十分な実績があり年齢も31歳とすでにベテラン感のある戸田恵梨香が主演ですから、初々しさはないものの、しっかりした泣ける芝居をしており、それを朝から観られるというのは非常に有意義だと思いますよ。兵庫県出身の戸田さんによるリアルな関西弁を毎日聞けるのもなかなかいいですよね。

 そんな戸田恵梨香と、彼女の親友役で出演している、同じく31歳の大島優子が元気いっぱいに15歳を演じていることも話題ですが、2人とも芝居がうまいので、意外とナチュラルに観られるのも、よく考えたらすごいことですよね」

「NHK朝ドラ」という“金看板”

 戸田といえば『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』シリーズ(フジテレビ系)、『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』シリーズ(TBS系)など人気作に出演し、女優としてのキャリアも申し分ない。とはいえ、「女優としてはもうひと皮むけたいはず」と語るのは、あるテレビ局のプロデューサーだ。

「戸田さんは確かに今でもドラマや映画で主演を張れる女優さんですが、30代を迎えて女優としてのステージをもう一段上げようとしたときに、この朝ドラは大きなチャンスといえるのでは。というのも、やはり“朝ドラ出身女優”というのは金看板なんですよ。そもそも少し前までのNHK朝ドラは“新人女優の登竜門”であり、朝ドラでヒロインデビューした女優さんがその後売れっ子女優になっていく……というパターンが王道でしたが、2作前の『まんぷく』に主演した安藤サクラしかり、前作のヒロイン・広瀬すずしかり、最近ではキャリアのある女優がヒロインをやることが増えてます。次回作『エール』(主演/窪田正孝)のヒロインを決めるため、先日、4作ぶりにオーディションが行われましたが、合格したのは二階堂ふみでした。実績のある二階堂ふみがオーディションを受けてまでもこの役を獲りにいったのも驚きでしたが、女優としてステップアップするために“朝ドラ出身女優”という金看板は、やはり魅力的なのでしょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング