山陽新聞会長、地元・加計学園の理事だった…記事見出しで「加計」使用避けるルール

Business Journal / 2020年3月20日 6時40分

写真

 ファッション誌でもおなじみの女性向けファッションブランド「アースミュージック&エコロジー」などを展開するストライプインターナショナル(岡山市)の石川康晴社長(49)が、社内の女性従業員にセクハラ行為をしたことが判明した。朝日新聞インターネット版は4日、『大手服飾社長が社員にセクハラ 政府会議の議員』と報道。記事では石川氏が19年3月から、内閣府の男女共同参画会議の議員を務めていたことも指摘していた。実は、石川氏の地元岡山県の経済界ではセクハラ事件そのものより、危惧されているものがあるという。それは「安倍晋三首相と岡山県の関係が批判され、また再燃するのではないか」という不安だ。

 地元には苦い記憶が残る。あの加計学園は地元岡山を代表する学校法人だからだ。「週刊文春」(文藝春秋、3月5日発売号)が報じた『加計学園・岡山理科大学獣医学部獣医学科の推薦入試における不正疑惑』で再び、加計学園の名前が巷にあらわれはじめた。そして同問題を含め、最近の政府関連の醜聞では、加計学園をはじめ多くの岡山出身の政治家や業界人が見え隠れする。

石川氏の財団に山陽新聞幹部の名前が2人も

 石川氏は1970年、岡山市生まれ。県内の高校を卒業した後に専門学校を経て、県内に女性向けファッションショップを設立。1999年に主力ブランド「アースミュージック&エコロジー」を立ち上げた。2010年、岡山の地域経済活性化と若手支援を目的に私財を投入し2010年に「オカヤマアワード」を創設した。 県内の芸術文化振興を図るため、公益財団法人石川文化振興財団を立ち上げた。同振興財団の役員は以下の通りだ。

理事長(代表理事)石川康晴 株式会社ストライプインターナショナル 代表取締役社長

理事 足羽憲治 岡山県信用保証協会 会長

理事 越宗孝昌 株式会社山陽新聞社 取締役会長

理事 槇野博史 国立大学法人岡山大学 学長

理事 松田正己 一般社団法人岡山経済同友会代表幹事 株式会社山陽新聞社社長

理事 宮長雅人 株式会社中国銀行 取締役頭取

 地元、岡山県を代表する経済人が並ぶ。ここで、気になるのが山陽新聞会長の越宗(こしむね)氏と同社社長の松田氏の存在だ。中国地方の地方紙労働組合関係者がヒントをくれた。

「山陽新聞とその会長の越宗氏は、加計学園疑惑で登場した人々の中で、いまだにほとんど触れられていないキーマンのひとりです。たかが地方紙の会長と侮ることなかれ。非常に政権に近い人物と言われています。自民党岡山県支部連合会、山陽新聞の越宗氏、地元経済界の関係性を見ることなしに、加計学園の問題はわかりません。そもそも自民党岡山県連の重鎮である加藤勝信氏は、安倍晋三首相と浅からぬ縁のある人です。そして越宗氏はそんな加藤氏と懇意です」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング