1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

自動運転車、圧巻の試乗体験…急な割り込みや歩行者に対応、車線変更や合流も

Business Journal / 2015年11月20日 6時0分

●日本の先端技術

 日本の自動車メーカーが自動運転の分野で世界をリードする存在なのは、いったいなぜなのか。

 第一に、日本には世界に冠たる半導体、人工知能、センサー、カメラなど、最先端技術がある。それを今回の東京モーターショーで見せつけた。指摘するまでもなく、現代の車はカーナビなどの情報収集にとどまらず、安全確保に電子機器をフル活用することが求められる。いまや電機メーカー、ITメーカーなくして車そのものが成り立たない。ましてや、自動運転となれば余計にそうである。

 であるとしたならば、日本の電機メーカーの出番は、限りなく増えてゆく。それどころか、米国の自動運転をリードするグーグルに象徴されるように、日本でも11月13日、日立が自動運転の実験車のテスト走行を行った。

 今回の東京モーターショーには、日立オートモティブシステムズ、三菱電機などの電機メーカーがブースを構え、さまざまな電子車載機器を出展していたのが目を引いた。

 日立オートモティブシステムズ会長兼CEOの大沼邦彦氏は、モーターショーのプレスブリーフィングの席上、安全性に加えて、省エネ、乗り心地に配慮した「スマートADAS(先進運転支援システム)」を開発中だとして、次のように説明した。

「走行中、カメラの画像認識や地図情報をベースに必要な駆動力を予測して、エンジンを停止したり、また、ステアリング、ブレーキなどを制御して、スムーズな挙動で快適性を向上するシステムを提案していきます」

 日立グループは15年9月から、市街地での自動運転走行を視野に、米国ミシガン大学キャンパス内の「Mcity」において、この「SMART ADAS」の実験を行っている。「Mcity」は、信号機や標識などのほか、雪や氷などの過酷な路面を含めて、実際の市街地に近い環境が再現されるなど、自動運転車両が市街地走行時に直面するさまざまな状況のシミュレーション施設が整備されている本格的な実験場である。

●多数のメーカーが注力

 三菱電機は、自動運転のコンセプトカー「EMIRAI3 xAUTO」を出展し、周辺監視技術、人工知能技術、高精度位置把握技術を用いた、リモコン式自動駐車、夜間対応自動ブレーキ、車線維持、車間通信合流支援など、技術の展開例を披露した。また、高度運転支援技術を紹介するコンセプトカー「EMIRAI3xDAS」では、3次元ヘッドアップディスプレイなどの表示装置、視線移動低減ヒューマンインターフェイスなどを紹介した。三菱電機専務執行役の大橋豊氏は、こう語った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング