テレワークで注目のゲーミングチェア3選!体の負担軽減で長時間作業OK、コスパ最強

Business Journal / 2020年11月22日 5時5分

写真

 新型コロナウイルスの影響でテレワークが普及し、自宅で仕事をする人も増えている。ただ、会社と違うデスク環境に仕事が捗らず、長時間、自宅の椅子に座ることで腰痛や背中の張りなどに悩まされているビジネスパーソンも少なくないようだ。

 そこで注目が集まっているのが「ゲーミングチェア」だ。ゲーミングチェアはeスポーツなどのゲーマー用に作られたチェア。長時間プレイすることを念頭に、体にストレスがかからない構造になっているため、YouTuberやプログラマーなどにも利用者が多い。このゲーミングチェアがテレワーカーに最適と、需要が高まってきているのだ。

 そこで今回は、ビックカメラで購入できるおすすめのゲーミングチェアを3つ紹介する(価格は税込み)。

キングジム ゲーミングチェア フットレスト付き/2万2000円

「テプラ」の製造販売で知られる文具・オフィス用品のキングジムも、本格的なゲーミングチェアを販売している。適度なクッション性と厚みのあるウレタン座面、長時間座っていても骨盤に負担がかからない設計など、オフィス製品をつくってきたノウハウが活かされている。

 また、アームレスト(肘置き)が可動式なのがミソ。一般的なゲーミングチェアではアームレストが固定、もしくはあまり可動性がないという場合が多い。アームレストの調整ができないとデスクにぶつかってしまうなど、周囲の環境との相性の問題が出てくるのだ。

 さらに特筆すべき点は、収納式のフットレストがついていること。フットレスト付きの商品は他にもあるが、この価格帯では多くない。また、最大傾斜150度のリクライニングなので、ゆっくりと体を休めることができる。

 他にも、ゲーミングチェアに欠かせない背もたれと体の隙間を埋めて腰を楽にするランバーサポート、同じく首をサポートする着脱式ヘッドレストも装備されているため、かなりコストパフォーマンスの良い商品なのである。

デラックスレーサー チェア ヘッドレスト・ランバーサポート付き/3万350円

 AKRacing(エーケーレーシング)、GTRACING(ジーティーレーシング)と並んで、3大ゲーミングチェアブランドのひとつであるDXRacer(デラックスレーサー)。

 その名の通り、もともとは自動車競技用シートを原点とするメーカーで、そのノウハウを引き継ぎ、ゲーミングチェアのパイオニアと呼ばれている。世界の主要なeスポーツ競技会に公式ゲーミングチェアサプライイヤーとして選ばれてきた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング