V6と嵐、TBS番組を外されていた?元凶のジャニーズ事務所後継者争いに決着!

Business Journal / 2013年2月28日 1時1分

写真

 今日(2月28日)発売の「週刊新潮」(新潮社)、「週刊文春」(文藝春秋)から、忙しいビジネスパーソンも要チェックの記事を早読み。今回は「あの大手芸能プロの後継者争い」や「旬なプロスポーツの背後にあるドタバタネタ」などをチェック!

 今週は、両誌ともに小泉純一郎元首相の甥っ子で、小泉進次郎衆議院議員の従兄弟にあたる小泉力也容疑者が、無許可でホストクラブを営業していたとして現行犯逮捕された事件を報じている。両誌はそろって、小泉家の家系を遡り、小泉元首相の祖父・又次郎が「任侠政治家」「イレズミ大臣」との異名を取ったことから、「小泉家ならば、一族から逮捕者が出るのも、さもありなん」といった、意地悪な雰囲気を醸し出している。

 また、日銀新総裁に当確となった黒田東彦アジア開発銀行総裁の子息が16年前に合成麻薬LSDを所持し、逮捕・起訴されたことも両誌は報じているが、今さら感があるし、今回の総裁人事とは「遠い話」という気もする。これらは、旬な人間に絡んだスキャンダルとしてはパンチに欠けているが、こういう端のほうのネタまで拾い上げてくれるのは、週刊誌のいいところともいえる。次は“本丸”を攻め落としてほしいが。

 そんな中で、今回目を引いたのが、文春の長年の天敵である「ジャニーズ」のネタ。ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川といえば、「YOU~しちゃいなよ」などと所属タレントに真似されることでもお馴染みの御仁。だが、メディアにその姿を露出することはほとんどなく、謎のベールに包まれている。

 ところが昨年、ギネス世界記録に「チャート1位を獲得した歌手を最も多くプロデュースした人物」と認定され、受賞に際し、野球帽とサングラス姿の顔写真を公開した。また、ジャニー氏は「最も多くのナンバーワンシングルをプロデュースした人物」「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」としてギネス認定され、今年1月にはNHKワールド特別番組にテレビ初出演。惜しくも顔は映らなかったというが、81歳にして、自らの存在を世界に植え付けようとしていることがうかがえる。
 
 こうしたジャニー氏が動きについて、業界内では「年齢も年齢だし、引退に向けた、総決算的なもの」(雑誌編集者)との見方もあるが、そうなると気になるのが、後継者争いの行方だ。

 文春は「この問題に決着がついた」と切り込んでいる。

 これまでジャニー氏の後継者としては、SMAPのチーフマネージャーである飯島三智氏、メリー喜多川副社長の娘で、嵐を育てた藤島ジュリー景子氏、そして近藤真彦の名前が挙がっていた。しかし、最近になって「ジャニーさんは飯島氏のマネージメント能力を高く評価」し、「嵐をテレビやCMに過剰に露出させるジュリー氏の売り込み方をよく思っていない」と語ったことで、「テレビ局幹部は、ジャニーさんは飯島氏に後継者のお墨付きを与えたと判断した」というのだ。

ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング