マック、値上げで業績回復 メガポテト原価62円と判明!パワハラで社員が提訴…

Business Journal / 2013年6月17日 7時0分

写真

 右肩下がりの業績で苦しい経営を続けてきたマクドナルド。「メニュー表廃止」「60秒キャンペーン」など話題となる施策を打ち出しているが、反発の声も根強い。だが、徐々に潮流は変化しており、同社にも希望の光が差し込み始めている……。

・マクドナルドの5月売上高、1年2カ月ぶり増加 ー Sankei.Biz(6月11日)

 先月の既存店売上高が、前年同月比0.5%増を記録したマクドナルド。2012年4月から実に14カ月ぶりに前年実績を上回った。5月に価格改定を行い、主力商品であるハンバーガーをはじめとする4商品を値上げ。来店客数こそ減少したものの、客単価が向上した。

 ただし、12年5月の売上高は、前年同期比11%減という数字。わずか0.5%の改善では、一昨年の水準には遠く及ばないことも抑えておくべきだろう。「6月以降も予断を許さない」と原田泳幸社長の気が緩まることはない。

・マクドナルド『メガポテト』の原価が判明! 価格490円に対して原価は…… ー ガジェット通信(5月18日)

 5月24日に投入した新商品「メガポテト」。Lサイズ2個分、340gというボリュームと、490円という強気の価格が話題となっている。本記事では、内部資料からその原価を「ポテトが50.85円、包装に11.45円」と合計62.3円であることを明らかにした。一般的に外食産業の原価率は3割と言われる。しかし、メガポテトの原価率は1割強と、同社にとっても“美味しい”商品となっているようだ。

なおガジェット通信の別の記事(http://getnews.jp/archives/346704)によれば、メガポテトに入っているポテトの本数は176本。一本あたりの値段は2.784円となる。

・マクドナルド最強の秘密は「3本足のいす」? ー 東洋経済オンライン(6月13日)

 今年1月より、マクドナルドOBに取材した「俺が日本一のマックバカ」という連載を続けている東洋経済オンライン。「俺は厨房で死ぬ」「血じゃなくて、ケチャップが流れている」といった名言(迷言?)が飛び出している。

 今月の記事に登場したのは、現在、人材コンサルタントとして活躍する鈴木健一氏。マクドナルド社内の研修施設「ハンバーガー大学」で副学長を努め、社員たちにリーダーシップを教えてきた人物だ。同社では社員研修に力を入れており、一度だけでなく何度も研修を実施。ハンバーガー大学では、全国のクルーのうち、年間1.4万人が研修を受けている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング