山本太郎、狙うは政権交代…女性暴行報道の裏に、国家権力による“危険分子”山本潰し?

Business Journal / 2013年8月12日 18時0分

写真

 7月21日、参議院議員通常選挙で東京選挙区から無所属で出馬し、約66万票を得て当選した山本太郎氏。8月2日に初登院を果たしたのもつかの間、昨年結婚したプロサーファーの元妻とわずか3カ月で離婚していたことが6日付「東京スポーツ」で報じられ、翌7日発売の「週刊新潮」(新潮社/8月15・22日号)では16年前に当時未成年だった女性を暴行したと報じられた。イメージダウンにつながる報道が相次いで出たこと、逆風の中でこれから議員としていかなる展望を抱いているかなどについて、本人を直撃した。


--2012年の衆院選では約7万票を集めましたが落選。今回の参院選では66万票と、得票数に飛躍的な伸びがありました。東京8区(衆院選)から東京選挙区(参院選)とエリアが広がったことのほかに、どんな理由があったと考えていますか?

山本 衆院選の時は、締め切り前日に選挙区を決めたんです。それは、選挙を知っている人なら「バカじゃないの」と言うようなこと。何もわかってなかったから、事前の準備が全然できてなかったんですね。だから、立候補したことさえ知らない人もいました。でも、今回は2週間ほど準備期間がありました。

--得票数の見通しはどう立てていましたか?

山本 まず、一議席取ることが絶対的な目標。それ以外に、大手メディア以外からの情報を多くの人に伝えて、自分で調べるきっかけをつくったり、情報を疑ってみるということに気づいてもらったりするだけでも自分の中では成功だと思っていました。心の中では100万票獲りに行くつもりでやってたんです。実際集まったのは66万票で十分大きな力だと思うんですけど、100万票獲れなかった点を反省しなきゃいけない。

--目標を達成できなかったのはなぜですか?

山本 僕、話が長いから。これぞ「ドブ板」という選挙運動が僕たちのやり方だったんですが、暑い時期に30分の演説は聞くほうもしんどいでしょ? 普通は演説は短くして、ふれあう時間を多くするもの。周囲から「短くしたほうがいい」と言われて18分くらいに縮めたんですけど、しゃべってると「TPPのこと言いたいな……」などとあれこれ浮かんで、気がついたら30分になってて。1回30分を10セット、17日間繰り返してました。

--100万票というのは、山本さんの主張に共鳴する人が東京都に100万人はいるという見込みですか? それとも、選挙運動中に啓蒙していけば結果、100万票くらいになるんじゃないかという見込みですか?

ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング