MRJ、相次ぐ開発延期で“ニッポンの”小型ジェットに暗雲?世界での受注競争に影響も

Business Journal / 2013年8月28日 14時0分

写真

 三菱航空機は、開発中の国産初78~92席クラスの地域路線向け小型ジェット旅客機・三菱リージョナルジェット(MRJ)について、2015年中の就航を目指し今年第3四半期(10~12月)に初飛行を予定していたが、15年4~6月に大幅に延期した。

 米プラット・アンド・ホイットニー社製航空エンジンなど海外メーカーからの部品調達が遅れたためだ。「部品納入で米ボーイングなどが優先され、後回しにされてしまった」という関係者の話もあるが、MRJの開発延期は3度目となる。

 事業化を決めた08年当初は、11年に初飛行、13年に納入を開始する予定だった。だが、09年に主翼の材料を複合材から金属に変更したことにより初飛行を12年第2四半期、第1号機納入を14年第1四半期に見直した。12年には親会社の三菱重工業の工場の検査体制不備などから、初飛行は13年第3四半期、初号機の納入を15年半ばに変更した。そして今回、初号機納入を1年以上延期し、17年4~6月とした。再三の延期、スケジュール変更で、世界市場での受注競争に影響が出るのは避けられない。

 MRJの現在の受注は325機。内訳は確定165機、オプション契約160機だ。ローンチカスタマー(新型航空機の最初の発注者)は全日本空輸(ANA)だった。08年3月27日、全日空は25機(オプション=仮発注10機を含む)を発注した。三菱重工はANAの発注を受けて、MRJの開発を行う専門会社、三菱航空機を08年4月1日付で設立。三菱重工が64%、トヨタ自動車など9社が計36%を出資した。

 ANAは三菱航空機に役員を送り込んでおり、両社は一蓮托生の関係だ。ANAの犬飼賢一・整備本部技術部部長が三菱航空機入りして執行役員・航空機安全統括室長になっている。ANAでは「納入が遅れるのは残念だが、正確な情報を把握して対応する。三菱航空機には燃費効率、信頼性、機内快適性の高い飛行機を造ってほしい」とコメント。納入の遅れについては「小型機ネットワークや機材計画の見直しをして、事業計画に影響が出ないようにする」とした。

 三菱航空機は2010年に米トランス・ステイツ航空から100機(うちオプション50機)、12年には米スカイウエストから200機(うちオプション100機)を受注。合わせて325機となった。MRJの採算ラインは400~500機とされている。

 受注325機といっても、詳細に見てみると、確定165機の内訳は米国のエアライン2社と全日空の3社だけ。オプションも同様である。受注に広がりをみせていないことがわかる。

ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング