トヨタ、京セラ…社外取締役導入企業急増のワケ〜本当に企業統治健全化につながるのか?

Business Journal / 2013年9月2日 7時0分

写真

 社外取締役がいない企業の象徴だったトヨタ自動車が、6月の株主総会で一気に3人の導入を決めた。

 豊田章男社長は、「より開かれた会社になってグローバルに発展したい」と語り、米ゼネラル・モーターズ(GM)の元副社長、マーク・ホーガン氏の起用が今回の目玉ということになる。米国で問題が起きたときのための備えといえよう。3割近くを占める外国人株主に配慮したともいえる。

 今年2月以降に開催された社外取締役がいない企業の株主総会の特徴は、トップの信任投票の賛成比率が、従来より8~15ポイント下がっている点だ。

 3月決算会社の新日鐵住金・宗岡正二会長に対する賛成票の割合は78.12%と、合併前だった前年の新日鐵の総会より10%強下がった。ちなみに友野宏社長は79.51%だった。同じく社外取締役を置いていない任天堂の岩田聡社長の賛成率は77.26%。前回を13ポイントも下回った。

 3月に総会を開いたキヤノン(12月決算会社)のケースだと、御手洗冨士夫会長兼社長の選任議案の賛成票が72.2%。高収益企業のトップとしては異例の低さだった。

 5月総会(2月決算)のファミリーマートも上田準二会長が71.3%、中山勇社長は72.6%だった。外国人の持ち株比率の高い銘柄は、特にガバナンス面での要求が厳しさを増しているようだ。というのも、米国の大手議決権行使助言会社が「2月以降の株主総会では、社外取締役が1人もいない場合、経営トップの役員選任議案に反対する」よう機関投資家にアドバイスしたことが大きかった。トップの賛成票の比率低下を嫌う企業は、急遽社外取締役を置くようになった。

 自民党・安倍晋三政権が、ガバナンスが強化されて企業が成長すれば雇用も増えるという論理で、社外取締役の導入に熱心なことも影響している。

 だが、社外取締役の有無と企業統治の成否が必ずしも合致しない。例えばオリンパスでは3人も社外取締役がいたが、経営陣の長年の粉飾決算を見逃し続けてきた。

 任天堂では「ハードとソフトを一体で展開する当社のビジネスに精通している方が社外にはいない」という理由で、社外取締役を登用していない。精密機器メーカーのキーエンスは、社長の賛成票が80.29%で、「社外取締役の設置は検討課題」としており、来年は導入に踏み切りそうだ。

 では、社外取締役のいない会社は本当にダメなのか?

 トヨタ自動車を筆頭に、ファナック、東北電力、ディー・エヌ・エー、住友商事、京セラ、大林組、静岡銀行などが社外取締役を起用した。その効果かどうかはわからないが、トヨタの豊田章男社長は96.70%という高い支持率を得た。住友商事は93.39%である。賛成票が通常の9割から7割に下がっても、「うちは社外取締役は置かない」とはっきり言う企業が出てきてもいいのだが、大勢順応型がほとんどだ。

●6割超の企業が社外取締役を選任

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング