発売間近“新iPhone”噂まとめ〜新スペック、キャリアの明暗分ける通信帯域はどうなる?

Business Journal / 2013年9月4日 17時0分

写真

 多くのメディアが今秋の登場を予想している“新しいiPhone”。現モデルの iPhone 5からどのような進化を遂げるのか? どのようなサプライズが待っているのか? 国内販売はどのようになるのか? そのスペックやデザインなどについて、数多くの噂が飛び交いネット上を賑わせているが、現在までに国内外のメディアが報じている有力な臆測についてまとめてみたい。

●9月10日発表決定、発売は9月20日が最有力

 米Appleは9月3日(現地時間)、10日に新型 iPhone発表会を開くことを明らかにした。発売は9月20日が有力とされている。

 また、“新しいiPhone”にはiPhone5の正常進化版である“iPhone5S”と、廉価版 の“iPhone5C”という2つのモデルが存在することも多数のメディアが報じており、“iPhone5S”には従来のブラック、ホワイトに加えて新色のゴールドが登場するのではないかと見られている。ゴールドは中国などアジア各国では人気が高く、アジア市場を意識したカラーバリエーション追加なのかもしれない。

 “iPhone5S”の本体スペックについて注目すべきは、ホームボタンに指紋認証センサーが追加される点や、カメラ機能の強化、省バッテリー性能が高いIGZOディスプレイの搭載、おサイフケータイと互換性のある非接触型ICチップ「NFC」に対応する点を、米メディア「9 to 5 Mac」「ExtremeTech」などが予想している。

 また、「PhoneArena」 によると内蔵ストレージ容量が128GBのモデルが用意されているのではないかと予想しており、容量不足に悩んでいるユーザーには嬉しい噂となっている。

 国内での販売は、iPhone5から引き続きソフトバンクモバイルとKDDI(au)の2社 が行うことはほぼ確実とみて間違いない。注目はこれにNTTドコモが参戦するかどうかという点だが、「Sankei Biz」によると、NTTドコモ副社長の坪内和人氏がiPhoneの販売について「ドコモ側の態勢は整った。いつ出すかが問題だ」と発言したものの、一方で「(次期iPhoneについては)状況は変わっていない。難しい」とも発言。今秋のドコモからの販売はあまり現実的ではないと見るのが妥当だろう。

●ネットワークはどちらのLTEに対応?

 もうひとつ注目が集まっているのが、“新しいiPhone” がどの周波数帯のネットワークに対応するかという点だ。通信ネットワークの周波数は、その値に応じて電波の届く範囲やその特性が異なり、中でも700~900MHz周波数帯は遠くまで電波が届き、建物を回り込むことで「繋がりやすく、途切れにくい」という特長を持つ。その特性から“プラチナ帯”と呼ばれているが、“新しいiPhone”ではこのうち800MHz周波数帯のLTEに対応する可能性が高いと「マイナビジャーナル」などが報じている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング