一大ビジネス?早稲田祭運営の舞台裏〜16万人集客、多額予算、企業並み学生スタッフ組織

Business Journal / 2013年11月1日 7時0分

写真

 明日11月2日(土)〜3日(日)の2日間、早稲田大学で学園祭「早稲田祭2013」が開催される。


 毎年約16万人以上を集客し、運営総予算は約2500万円にも上り、1つのお祭りとして見ても日本有数の規模を誇る早稲田祭は、他大学の学園祭とは異なり、大学からの資金援助もなく、学生が主催・運営し、その運営資金もすべて学生で構成される運営スタッフが調達している点に特徴がある。また、政治家や文化人のほか、今年度のタレント・芹那やアイドルグループ・乃木坂46などの人気タレントを含む数多くの著名人が各種イベントに登場することでも知られている。

 そんな「早稲田祭2013」運営スタッフ代表の山下健志氏(商学部3年)に、

「早稲田祭運営の舞台裏」
「500人以上で構成する運営スタッフの、企業並みの組織運営とは?」
「学生の手で、どのように多額の資金集めを行うのか?」
「企画から早稲田祭当日に至る、約8カ月に及ぶ準備」
「大学や企業、警察、地元周辺との折衝の難しさ」

などについて聞いた。

--まず、早稲田祭というのはどのような位置付けで開催されるものなのかお聞きしたいのですが、大学側は運営に関わっていないのでしょうか?

山下健志(以下、山下) 早稲田祭は過去に、運営主体である学生らによる資金の不正流用や外部組織の介入などが発覚し、1997年から2001年まで中止されました。02年に再開して以降は大学からの資金提供は一切受けず、学生が完全に主催・自主運営する形態を取っています。他の多くの大学祭は、主催は大学で、運営主体である学生は大学から運営資金を提供してもらうかたちがほとんどですので、その点が私たちとの大きな違いです。

--つまり大学側は、あくまで場所を貸すだけということでしょうか?

山下 はい。場所を借りる際も、「あそこのエレベーターを使わせてください」「この教室を使います」「あの駐輪場を何時から何時まで借ります」「その門を何時に開けてもいいですか?」などと、すべて1件1件大学から許可をもらっています。

--運営スタッフの具体的な仕事について教えてください。

山下 早稲田祭に参加する一般団体の場所づくりを手伝ったり、警備計画を立てたり、来場者の対応部署や広報・会計の部署があるのは他の大学と同じですが、特徴的なのは、地域チームがあることです。早稲田祭は地域から苦情が出たら中止となるので、普段から地域との関係を構築するために、地域イベントのお手伝いなどをして関係を構築することで、その開催を維持できているという現状があります。毎月、商店会の会合に運営スタッフが出席して活動内容を報告し、大学外部と連携する取り組みを行う際などは、必ず事前に商店会に話を通します。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング