日本人のお酒離れは本当?酒好きは意外に多い?消費動向アンケートから読み解く

Business Journal / 2013年11月9日 7時0分

写真

 ここ数年、若者の「お酒離れ」が叫ばれ、居酒屋チェーンやアルコールメーカーを取り巻く環境は厳しくなってきている。お酒離れの理由としては、携帯電話など他の娯楽への出費増や自宅での食事を好む「イエナカ志向」、そもそも友人などとグループでお酒を飲む機会の減少という、ライフスタイルの変化などが指摘されている。また、「職場の上司から無理矢理お酒に付き合わされる」など、お酒が持つ負のイメージが、お酒から若者を遠ざけているという指摘も聞こえる。

 その一方、2009年頃からブームとなったハイボールはいまだ強い人気を持ち、同年頃からワインの輸入量と消費量はともに増加傾向にあり、一人で、もしくは友人と自宅でゆっくりとお酒を楽しむ人が増えつつあるという声もある。

 そこで今回、現在人々はどのようなお酒の飲み方/楽しみ方をしているのか、そしてどのようなシチュエーションでお酒を飲んでいるのかを探るべく、インターネット調査最大手・マクロミルの協力の下、全国の1000人にアンケートを実施。この調査結果から、人々のお酒をめぐる行動パターンや本音を見てみよう。

・調査期間:2013年10月23日(水)~2013年10月24日(木)
・調査方法:インターネット調査
・調査対象:マクロミルモニター会員 男性500人、女性500人 合計1000人
・調査結果:以下のとおり

Q1.あなたはどれくらいの頻度で、お酒を飲みますか?(単一回答)

 <回答内容>
 1位:お酒は飲まない 20.2%
 2位:ほぼ毎日 19.5%
 3位:週に3~4回 15.5%
 4位:週に1回 15.4%
 5位:月に1~2回 14.8%
 6位:数カ月に1~2回 6.2%
 7位:年に1~2回 2.9%
 8位:上記以下 5.5%

Q2.あなたはお酒が好きですか? 嫌いですか?(単一回答)

 <回答内容>
 1位:やや好き 33.9%
 2位:とても好き 24.8%
 3位:どちらともいえない 19.4%
 4位:お酒は飲めない 14.3%
 5位:やや嫌い 4.8%
 6位:嫌い 2.8%

Q3.あなたはお酒を飲む時に、どのようなシチュエーションで飲むことが多いですか?(複数回答可)

 <回答内容>
 1位:飲食店で友人と 48.2%
 2位:自宅で家族と 47.7%
 3位:自宅で一人で 45.6%
 4位:飲食店で仕事関係の人と 23.6%
 5位:飲食店で家族と 18.9%
 6位:自宅で友人と 10.4%
 7位:飲食店で一人で 5.3%
 8位:その他 1.5%

Q4.あなたがお好きなお酒、よく飲むお酒の種類は?(複数回答可)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング