日産、なぜ一人負け?ゴーン一極集中経営の迷走、EV不振、商品競争力に市場から懸念も

Business Journal / 2013年11月14日 7時0分

写真

 電撃的なナンバー2の解任劇だった。日産自動車は11月1日、志賀俊之COO(最高執行責任者)(60)が代表権を持った副会長に退く人事を発表した。COOの職務は西川(さいかわ)廣人副社長(59)、アンディ・パーマー副社長(50)、トレバー・マン副社長(52)の3人が分担して引き継ぐ。会長とCEO(最高経営責任者)を兼ねるカルロス・ゴーン社長(59)は留任する。

 日産は当初、11月5日に志賀氏が記者会見で2013年9月中間決算を発表する予定だった。ところが発表を11月1日に前倒した上に、ゴーン社長が予定していた韓国訪問を急遽キャンセルして横浜市の本社で記者会見した。14年3月期通期の業績が下振れする見通しとなったのを受けて、ゴーン社長自身は「懲罰ではなく、若返りだ」と述べたが、事実上の志賀氏解任と業界内では見られている。

 副会長になる志賀氏は11月1日付、北米日産の会長兼社長のコリン・ドッジ副社長(58)は14年1月1日付で、CEO・COO及び8人の副社長で構成される最高意思決定機関、エグゼクティブ・コミッティ(EC)のメンバーから外れる。2人とも経営の決定権者でなくなるわけだ。代わって中国法人である東風汽車有限公司総裁の中村公泰氏と米州地域上級副社長のホセ・ムニョス氏が日産の副社長となり、ECメンバーに新たに加わる。

 新体制では西川副社長がゴーン社長に次ぐナンバー2となり、業務を執行する経営会議(オペレーションコミッティ)の議長を務める。購買や生産、研究開発の統括を継続するほか中国地域にも責任を持つ。パーマー副社長はグローバル販売、電気自動車(EV)事業を、マン副社長は新興国専用車のダットサン事業などを受け持つ。

 ゴーン社長は記者会見で、次期社長の本命とされてきた志賀氏が外れたのは「若返りのため」と強調したが、新たにナンバー2となった西川氏は志賀氏と同じ1953年生まれで、若返ったわけではない。50歳のパーマー氏、52歳のマン氏が次期社長争いの本命となったとの見方が同社関係者の間では強い。ECのメンバーに昇格した中村公泰氏やホセ・ムニョス氏が対抗馬になる見通しだが、ゴーン社長は来春の第2弾の大型人事も示唆している。

●ゴーン一極集中体制へ

 ゴーン社長はCEOを兼任している仏ルノーでも今年8月、ナンバー2だったカルロス・タバレスCOOを解任した。ゴーン社長は予定されていた米カリフォルニア州での自動運転車の発表会への出席を急遽キャンセルしてフランスに戻り、臨時取締役会でタバレス氏の解任を決めた。

ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング