マンションは買ってはいけない?“違法”中古物件、購入に潜むリスク…戸建て購入のススメ

Business Journal / 2013年11月28日 14時0分

 しかも、この特定緊急輸送道路が意外と多いのだ。東京都ホームページの「特定緊急輸送道路図」を見ると、多くの幹線道路が指定されていることがわかる。東京都によれば「対象となる建築物約5000棟のうち、分譲マンションの対象棟数は約700棟。このうち約5割が耐震診断を実施中または実施済み」という話だ。350棟が手つかずで、業界にとってはババ抜きのような状況が続いているということになる。

●年収300万円から買える戸建住宅

「さらにマンションは、ほかにも怖いことがあります。マンションの最後は、どうするつもりなのでしょうか。何十年後かに老朽化した時、建て替えられるとホントに思っているんですか? 業界では『マンションは資産形成にもなりますよ』というのだけれど、『マンションの最後を考えたら資産形成にならない』恐れがある」

 工法が進化したことによって半永久的に居住ができる時代にはなったが、いずれ建て替える時期はやってくる。そのときに誰がお金をどれだけ負担するのか。耐震工事でもこれだけ話が進まないのに、建て替え話が進むのだろうか。

「現に建て替えに成功したマンションはそれほど多くありません。成功したケースは、同潤会江戸川アパートメントとか桜上水団地のように、それまでよりも大きなマンションにして、新しく分譲して建設資金に充てるやり方ができる、土地に余裕のあるところだけです。大都市圏のマンションでは、すでに容積率ギリギリに建っているので難しい。つまり、お金も土地も余裕がないのです」

 こうした事情もあって、三住氏は、一般的に「マンションか戸建て住宅か」という問いには、「断然、戸建て住宅」と答えるという。

「もちろん不動産業者ですので、マンションをお求めとあれば、ご希望にかなうマンションを探してきますが、将来的なリスクから考えると、マンションはなかなかおススメできません。私の場合、年収300万円台のお客さんであれば、月8万円返済で、2000万円の35年払いの住宅ローンを組むことは可能ですから、賃貸ではなく購入をおススメしています。頭金を500万円ほど用意すれば、2500万円の物件が買えます。少し郊外に出れば、2500万円で庭付きの戸建て住宅が買えますからね」

 新刊『現役不動産屋が教える、「おいしい土地」の買い方』では戸建て住宅・マンションの値切り方なども紹介されている。住宅購入の検討者は一読をおススメしたい。
(文=松井克明/CFP)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング