ミス世界、ストーカー被害で大手芸能事務所幹部を提訴~脅迫的行為で世界大会欠席

Business Journal / 2014年2月26日 2時0分

写真

 2012年ミス・インターナショナル世界大会グランプリの吉松育美氏は昨年12月、大手芸能事務所・ケイダッシュ幹部の谷口元一氏からストーカー被害に遭っていたと告発し、刑事告訴と民事訴訟を起こした。その彼女の支援に立ち上がったのが安倍晋三首相の妻・昭恵夫人であり、「週刊文春」(文藝春秋/2月27発売号)に掲載された吉松氏と昭恵夫人の対談では、2人は吉松氏へのストーカー事件について海外メディアがこぞって報じているにもかかわらず、日本のメディアがこの事件を無視し報じない事態に疑問を呈している。

 この事件の経緯を整理してみよう。発端は吉松氏が自身の昨年12月11日に自身のブログに掲載した記事『心配してくれている皆様へご報告』で現役ミスとしての最後の役目である、世界大会の最終審査のステージで新しいミスに王冠とガウンを渡す役目を辞退し、この大会を欠席する理由を報告したことだ。その理由とは、まさに谷口氏によるストーカー問題だったのだ。

 ブログで吉松氏は、「1年前からずっと、つきまとい、嫌がらせ、脅迫、脅し、業務妨害を受けていました」と明かし、その相手は「大手芸能プロダクションの幹部であり、芸能界やマスコミには影響力のある人物」、つまり谷口氏であったと告発したのだ。

 吉松氏が外国人記者クラブで行った記者会見の内容をニュースサイト「J-CASTニュース」が報じているが、ストーカー問題が最初に起こったのは12年春で、格闘技の元プロモーター男性が突然吉松氏の所属事務所に現れ、ケイダッシュのオフィスに連れて行かれたという。そしてその場で系列事務所への所属を求めてきたという。だが、このケイダッシュは反社会的勢力とのつながりが取りざたされていたという理由から、吉松氏は所属を拒否。今回のストーカー問題で告発されている谷口氏は、この系列事務所の役員だったと「J-CASTニュース」は報じている。

 吉松氏は「彼は、ミスインターナショナルの協賛企業に幾度となく、脅迫とも言える電話をしたそうです。(略)国際文化協会から『マスコミがミスインターナショナル以外のことで騒ぐと困るから、吉松さんは大会期間中、体調不良を理由に自粛してほしい。』と言われました」と、無念な思いをブログで綴っている。さらに「彼は、両親にまで連絡をし、私が自殺をしてしまうようなことになる、と言いました」と書かれており、常に殺される恐怖に怯えており、今は24時間体制でセキュリティーがついているそうだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング