危険な食物アレルギー、対策ビジネス普及なるか?企業が患者を顧客として獲得する活用例も

Business Journal / 2014年5月15日 14時0分

写真

 食物アレルギーで苦しむ子どもはどのくらいいるのだろうか。文部科学省の調査によれば、小中高生の4.5%が食物アレルギーに罹患しているとの結果が出ている。40人学級であれば、1クラスに1~2人いる計算になる。この数字は決して大きいとはいえないが、アレルギー患者は、アレルゲン~アレルギー症状を引き起こす原因物質を取り込むと発作を起こし、最悪、死に至ることもあるのだ。また、大人でも突然アレルギーを発症し、死に至る事例も起きている。そのように危険をはらみ、絶対的な予防が求められるアレルギーに関する分野で、社会貢献しつつビジネスを展開している企業がある。

 株式会社ウィルモアは、代表取締役である石川麻由氏が2009年2月に立ち上げた、食物アレルギーに特化したサービスを展開している企業だ。今回は、同社が運営するサービス「アレルギーチェッカー」「クミタス」を紹介したい。

●アレルギーチェッカー

・iPhone版
・Android版

 スマートフォン(スマホ)のiPhone/Android用アプリで、製品のバーコードをスキャン、または製品名を入力すると、その製品に含まれているアレルギー成分を検索できる。例えば、スーパーマーケットなどで、商品を購入する前のチェックツールとして重宝しそうだ。

●クミタス

 アレルギーチェッカーが、一製品ごとにアレルゲンがあるかチェックできるのに対し、クミタスは特定のアレルゲンを含まない製品を検索できるウェブサービス。検索結果から、AmazonなどのECサイトに遷移し、そのまま買い物することができる。ECサイトごとの価格比較も可能だ。メインサービスはPC版だが、スマホでも利用可能だ。

 アレルギーチェッカーとクミタスは、共通のデータベースを使用しており、5万件の製品が登録されている。クミタスのユニークユーザー数~重複登録を除いた正味利用者は約3万5000人で、男女比は35:65。20代後半~40代前半の子育て中の女性か、働いていて健康意識の高い女性が多いという。

 現状では、アレルギーチェッカーとクミタスは相互に連携していない。従って、アレルギーチェッカーで調べた製品をクミタスで続けて購入したり、クミタスで購入した製品をアレルギーチェッカーのブックマークに保存することはできない。

「いずれ連携させる必要があるが、アレルギーチェッカーとクミタスで、ユーザーの利用目的が異なるため、どのように接続するかは引き続き検討している」(石川氏)と、アプリの機能やビジネスモデルについて目下思案中らしい。

●今後のビジネス展開は?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング