1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

マック、この春絶対食べておくべき新商品5選!てりたま、ごはんバーガーの新作が激ウマ

Business Journal / 2021年3月25日 5時10分

写真

 日本国内に展開しているハンバーガーチェーンの最大手であるマクドナルド。日本の第1号店を1971年7月に東京・銀座でオープンして以来、2021年2月までに店舗数は2923店へと増加した。

 コロナ禍において外食業界自体が大打撃を被るなかでもマックは勢いに乗っていて、2021年1月の既存店売上高は前年同月比で18.7%増、2月の既存店売上高は前年同月比で1.0%増。客数は1月だと前年同月比で3.2%減、2月だと前年同月比で11.3%減と減少傾向にあるものの、客単価が1月は前年同月比で22.7%増、2月は前年同月比で13.8%増になっている。

 そんなマックでは、3月から春の新作のメニューを続々と登場させており、そのたびに注目が集まっている。今回「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」は、数多いマックの商品から「この春、買うべきマクドナルドのメニュー」を5つ選出した。さっそく紹介していこう。

チーズてりたま/390円(税込、以下略)

 マックの春の定番商品といえば、しょうがやにんにくの風味が香るてりやきソースを絡めたポークパティと、厚みのあるぷるぷるとしたたまごが特徴の「てりたま」シリーズ。まず紹介するのは、てりたまにコクのあるチェダーチーズを加えた「チーズてりたま」だ。

 ソースとたまご、とろけたチーズの相性の良さが魅力としてよく挙げられるが、注目したいのはスイートレモンソースの美味しさ。口に入れた瞬間にスイートレモンソースのレモンの風味が口いっぱいに広がることによって、コッテリとした重い口当たりになることなく、すっきりとした味わいを楽しむことができるのである。

「やっぱり今年も美味しすぎる」と、SNS上で絶大な人気を誇っている商品でもあるチーズてりたま。通常のてりたまより、ちょっと贅沢な気分を味わいたいときにもピッタリな商品だ。

はみ出るパストラミビーフてりたま/450円

 次に紹介する「はみ出るパストラミビーフてりたま」も、その名の通り春の定番メニューである「てりたま」シリーズのひとつで、今年から新たに登場した商品。スパイシーな味つけが特徴的な燻製肉のパストラミを食材に使用していることが最大の特徴だ。

 パストラミビーフはバンズからはみ出るほど大きく、包み紙を開いた瞬間のインパクトが抜群で、ボリュームはパティの量が倍増した「倍マック」並み。味も通常のてりたまや「チーズてりたま」とはまったく異なり、コショウが効いたパストラミビーフと、マスタードとブラックペッパーを使ったソースによって、スパイシーな大人の味わいに仕上がっている。また、二つ折りにされているパストラミビーフを花びらと見立てていることもポイント。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング