「時代遅れの血筋」に「日本で勝ち切れない欧州種牡馬」を次々と覚醒させるマツリダゴッホは、やはり「狂気の天才芸術家」なのか......競馬界の鬼才がサラブレッド生産の常識を覆す

Business Journal / 2016年7月28日 15時0分

写真

 現役時代から9番人気で有馬記念(G1)を制したように、それまでどれだけ惨敗が続いていても中山に帰ってくれば、水を得た魚のように激走したマツリダゴッホ。その理屈を超えた問答無用の激走ぶりは、数ある個性派サラブレッドの中でも異端の存在だったといえる。

 そして、マツリダゴッホは種牡馬としても常識では測れないオリジナルの「爆発力」を持った存在なのかもしれない。

『史上最強世代』といわれる今年の3歳馬。圧倒的なパフォーマンスを発揮している活躍馬には、当然ながらキラ星の如く「超」が付くほどの良血馬が揃っている。だが、その中でも群を抜いて“地味メン”なのは、母が地方馬のマツリダゴッホ産駒ロードクエストだろう。

 しかし、先週24日に函館で行なわれた松前特別(1000万下)を勝ち上がったカルヴァリオもまた、血統の地味さ加減ではロードクエストに負けていない。

 カルヴァリオもまたロードクエストと同じマツリダゴッホを父に持ち、条件馬だった母方の血筋には三冠馬シンザンの血を引くミホシンザンや、テスコボーイを経由しないプリンスリーギフトの血を持ったファバージなど、まさに昭和の競馬を支えた古い、言葉を選ばなければ「時代遅れ」の種牡馬が並んでいる。

 ディープインパクトを中心としたサンデーサイレンス系や、キングカメハメハ率いるミスプロ系など、次々と新しく勢いを持った血が古く弱った血を“上書き”していくサラブレッドの世界で、カルヴァリオの母方の血は間違いなく「淘汰される存在」と言わざるを得ない。

 しかし、カルヴァリオの走りは、そんな古き血の逆襲さえも予感させる力強いものだった。

 先週の松前特別の4コーナーでは、完全に一頭だけ抜けた手応えだったカルヴァリオ。それは先頭で直線に向いた時点で「勝負あり」と述べても良かったほど、他馬を圧倒する勢いだった。

 最終的な着差こそ1・1/4馬身差だったが、これは2着馬のミッキーロケットが強いためだ。

 カルヴァリオと同世代のミッキーロケットは、デビュー戦で後のアーリントンC(G3)3着馬ロワアブソリューに負けたものの、フラワーC(G3)を勝つエンジェルフェイスに先着するほどの実力馬。

 さらに今春の条件戦で先着を許したのは、後に皐月賞トライアルの若葉S(OP)で後続を8馬身ぶっちぎるマッチレースを展開したアドマイヤダイオウとナムラシングンだけである。一言でいえば、ミッキーロケットは『史上最強世代』の波に飲まれた運の悪い「隠れ実力馬」ということだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング