超ヒット作『おそ松さん』『弱虫ペダル』も参戦! アニメのパチスロ化が秘める可能性とは?

Business Journal / 2016年9月16日 14時0分

写真

 現在のパチンコ&スロットは、アニメとタイアップした機種が大半だ。誰もが知っている有名な作品から、一部ファンの間では熱狂的な支持を受けている作品まで種類は様々である。

 つい先日も超ヒット作が「検定を通過した」とのニュースが報じられたばかり。

 放送終了後もタイアップイベントや商品が後を絶たない『おそ松さん』。『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)の人気作品で、アニメ化・舞台化・実写ドラマ化も実現した『弱虫ペダル』が、スロット台としてデビューする予定となっている。

 今やパチンコ&スロットを語る上で、アニメの存在は切っても切り離せない存在と言えるが……決して万人に歓迎されている訳ではない。

 過去には作品のファンから「正直げんなり」「ギャンブルに使われるのは複雑」といった批判に近い声が挙がっていた事例があるのだ。

 しかしメーカー側が「タイアップ機を作りたい」と考える理由は分かる。一からキャラクターを考え映像を作成するよりも、既にあるものを利用した方が手っ取り早いのは当然だ。何よりも知名度の高い作品の方が大きな反響を期待できる。

 現に爆発的なセールスを記録した台は多く存在しており、長く続くシリーズ機も大半はアニメとのタイアップ機と言っても大袈裟ではないだろう。

 ギャンブルイメージが伴う為か、知名度のある作品などは「高額な使用料」が設定される事もあるようだが……メーカー側はタイアップする事の“メリット”を選んできたのだ。

ただ、アニメのパチンコ&スロット化が無くならない理由は、メーカー側だけが積極的になっている事とは言えないだろう。アニメ会社にも前向きな考えがある事は間違いない。

決して「ギャンブルに使用して欲しくない」といったファンの声を軽んじている訳ではないだろうが……タイアップ化により知名度が上昇する事は確実で、それはDVD・グッズの売り上げ増大へ繋がる。

他業種とタイアップして利益を生み出す事が、アニメ界のサイクルとも言える以上「否定しづらい」と考える事は自然なのだ。

双方にメリットがあるのであれば、アニメのパチンコ&スロット化が無くなる事はないであろう。むしろアニメ側が、これまで以上に協力的になる可能性も否定はできない。

現在はタイアップにNGを出している『国民的人気アニメ』のパチンコ&スロット台が誕生する……そんな未来が訪れる事も十分にあり得るだろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング