爆人気AbemaTV、なぜ旧来テレビ型なのに「ほぼテレビ見ない」若者層を獲得?

Business Journal / 2017年3月27日 6時0分

写真

 2017年4月で1周年を迎える動画サービス「AbemaTV」。アプリのダウンロード数1500万を突破した「AbemaTV」の特徴は、テレビと同じような番組編成の「リニア配信」スタイルだ。

「YouTube」をはじめオンデマンド型の配信サービスが多いなか、従来型のリニア配信を取り入れた理由はなんなのか。また、オリジナルコンテンツではどのような番組が人気なのか。AbemaTVの取締役でサイバーエージェント常務取締役も務める小池政秀氏に話を聞いた。

●「AbemaTV」は後発だからこそテレビ型に

――テレビのようなリニア配信スタイルを選んだ理由について、教えてください。

小池政秀氏(以下、小池) サービスを開始したのは16年4月で、動画サービスとしてはかなりの後発です。「dTV」から「ネットフリックス」「アマゾンプライム・ビデオ」と充実しているサービスが林立するなか、同じモデルで参入しても勝てません。ましてや、資本の勝負になればなおさらです。

 そのため、「AbemaTV」は斬新さを打ち出す必要があり、「ネットなのに受動型のテレビ視聴スタイルで多チャンネルで無料」にすれば食い込めるのではないか、と考えたわけです。

――差別化に差別化を重ねて、と。

小池 ただ、差別化することが目的になってしまうと、結果的にろくでもないサービスになる可能性もあるので、それはきっかけ程度でした。もともと日本人はテレビが好きですし、「どんな番組が流れているかはわからないが、とりあえずテレビをつけておく」というスタイルに慣れている点は大きいと思います。

 私自身、「ネットフリックス」も「アマゾン」の動画サービスも使いますが、見たいコンテンツを探すのに疲れることもあります。そこで、「アクセスすればすぐに見られる」「いつでも何かやっている」という動画メディアがあってもいいのではないかと考えました。

――無料会員と有料会員(月額960円)がありますが、違いはどこにありますか?(※有料会員数は非公開)

小池 番組をいつでも見返すことができるオンデマンド配信の範囲の違いですね。有料会員は、オンデマンドで見られる番組の幅が大きくなります。

●若者世代に刺さる「AbemaTV」、スマホ視聴が8割

――「AbemaTV」は、どんなデバイスで見られることが多いですか?

小池 スマホ、タブレット、パソコンのほか、テレビ(「Apple TV」「Fire TV」「Andoroid TV」「Chromecast」を利用)でも見られます。ざっくりですが、スマホ視聴が8割で、タブレットとパソコンが1割ずつ。テレビ対応は始まったばかりなので、これから伸びていくと思います。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング