いきなり!ステーキ、米国で大人気&賞賛の嵐…日本式そのまま導入、抱える危険なリスク

Business Journal / 2017年8月1日 6時0分

写真

「It was soft and juicy!(柔らかくてジューシーだったわ!)」
「I would definitely consider taking friends and family here in the future!(近いうちに必ず友人や家族を連れて来るわ)」
「This place is cool.(ここはかっこいい)」

 これらは、飲食店情報サイトに寄せられた、ある店に関する評判だ。
 https://www.yelp.co.jp/biz/ikinari-steak-east-village-new-york

 立ち食いステーキ店「いきなり!ステーキ」がステーキの本場、米ニューヨークへの進出を果たしたのは現地時間2月23日。「立ち食い」は、アメリカでは馴染まないから失敗するという声もあったが、蓋を開けてみればオープン日には多くの人が行列をつくった。開店後の売り上げの推移は、銀座1号店にも勝るほどだったという。進出から5カ月以上が経過した今も、1日に400人が訪れるようで、冒頭のような喜びや賞賛の声が口コミサイトなどで絶えない状況にある。

 同店を運営するペッパーフードサービスは、米国での多店舗展開にも意欲的なようだ。年内に10店舗の出店を計画しており、すでに2店舗・3店舗目はオープンする見通しが立っている状況という。3年後にはナスダックへの上場準備に入りたいとの意向を示している。フランチャイズ(FC)に対する問い合わせも増えているようで、全米でのFC展開の野望を隠さない。

 ニューヨークでの成功は、同社の業績にも好影響を及ぼしている。4月28日に業績予想の上方修正が発表されたが、2017年12月期連結決算において、売上高は予想より15億円増加の286億円、本業の儲けを示す営業利益は2億円増加の13億円になるとした。そして、7月14日には、さらなる上方修正が発表され、売上高は48億円増加の334億円、営業利益は8億円増加の21億円になるとの見通しを示した。

 上方修正の理由は、ニューヨーク店が好調なことに加え、国内既存店の4月から6月までの売上高が前年比120%を超えるほど好調に推移したことが寄与したという。また、ステーキ店「ペッパーランチ」も好調で、6月まで56カ月連続で既存店売上高が前年を超えたことも影響している。

●異常な高原価率でも利益が出る秘密

ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング