ピース綾部、報じられない深刻な現状

Business Journal / 2017年8月19日 18時0分

写真

 昨年10月に、ハリウッドスターを目指して今春からニューヨークに活動の拠点を移すことを発表したお笑いコンビ「ピース」の綾部祐二。5日、その綾部が8月中にようやく就労ビザを取得し、本格的に渡米することがわかったとデイリースポーツが報じた。しかし、この情報は綾部本人が親しい関係者や相方の又吉直樹に、8月中にビザが下りるメドが立ったと報告していることが根拠だという。ビザを取得し、ニューヨークで俳優として活動した経験のある人物はいう。

「語学学校からスタートするのであれば、まずは学生ビザを取得して最初の1~2年は、語学や文化を学ぶことに集中するのも手だと思いますが、本人が移住すると豪語しているところをみると、おそらくワーキング(就労)ビザ、綾部さんの場合はアーティストビザの取得申請をしたのでしょう。しかしビザが下りるのに、メドが立つということはありえません。一度、書類申請をしてしまえば、あとはビザが下りるか下りないか、結果が出るのを待つばかりですから。

 綾部さんがおっしゃっている“メド”というのは、おそらく書類をすべて揃え終えて、提出したということでしょう。代理人を介して提出しているはずですから、おそらく代理人から8月中にもと言われているのだと思います。しかし、それはあくまでその代理人の見解であり、100%とは言えません」

 関係者によれば、綾部は今年4月上旬には日本での仕事をすべて終了。以後、数回にわたってニューヨークに足を運び、語学学校を探す傍ら、すでに現地にアパートメントを借り、準備は万端だという。現在はまだ都内に在住しており、日用品を揃えるためか、都内の格安家具チェーン店でのその姿を目撃されている。しかし、収入が停滞している現在、家賃や家具などの費用が二重にかかってくることは、負担にならないのだろうか。テレビ局関係者は言う。

「綾部さんは、もともと芸人仲間の中でもケチとして知られるほどで、酒が飲めないこともあって無駄遣いをしません。これまでの貯蓄だけで、派手に浪費しない限り、4~5年は仕事がなくても普通に生活していけるようです」

 一部の芸人仲間も、綾部の財布事情について証言する。

「綾部さんはお金を持っているみたいですけど、それでも語学学校の学費や、ビザ取得のための弁護士費用など、普通に生活する以上にお金はかかるわけですよね。もともとケチでしたけど、最近はさらに財布のヒモが堅くなったみたいです。今は時間があるから、前以上に芸人仲間を誘ってご飯に行ったりしていますけど、絶対に先輩しか誘わないんです。だって後輩を誘ったら、自分がおごらないといけないじゃないですか。それを避けるためです」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ビジネスジャーナル

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング