新橋の「超ハイテク」カプセルホテル、確かにハイテクなのだが実際泊まって困惑した理由

Business Journal / 2017年9月26日 5時0分

写真

 整然と並べられた穴蔵のようなスペースに、疲れきった男たちがこもるように体を横たえ、ひとときのやすらぎを得る……。「カプセルホテル」といえば、そんな昭和の哀愁すら漂う簡易宿泊施設のイメージが強い。

 しかし、最近では、そのレトロフューチャーな雰囲気が若い世代に見直され、施設やシステムを刷新した「ネオ・カプセルホテル」ともいえる新規店舗が増えているという。外国人観光客からも「ジャパンオンリーのワンダーなホテル」として注目を浴び、海外メディアで取り上げられることが増えているようだ。

 そんな新たなムーブメントによって盛り上がりを見せるカプセルホテル業界のなかで、特に注目されているのが「IoT(Internet of Things/モノのインターネット)」を導入したホテルだ。話題の最先端技術が、カプセルホテルにどう生かされているのか。そもそも、最先端技術がカプセルホテルに必要なのか。実際に「IoTカプセルホテル」に宿泊してきた。

●業界初のIoT導入店に潜入!

 IoTとは、さまざまなモノがインターネットに接続されることで、ネットを介してモノをコントロールしたりモノ同士で相互に制御したりする仕組みのこと。実例としてよく挙げられるのが、「外出先からネットを介してエアコンを操作する」「冷蔵庫が、少なくなっている食材の情報を自分でネットに発信する」といったIoT家電だ。

 このIoT技術を業界で初めて導入したのが、「安心お宿 プレミア新橋汐留店」。カプセルホテルチェーンの「安心お宿」は新橋に2店舗あり、IoT技術導入店はJR新橋駅から少し離れている。広告には「最寄駅から徒歩240秒」と書いてあったが、筆者の足では5分以上かかってしまった。

 なんとかホテルにたどり着き、外観を見ると、看板や内装から謎のアジアン感が漂っている。首都圏在住の方であれば、「アジアン感」と聞くだけで、このカプセルホテルが「パセラ系」であることに気づくはずだ。

 ニュートンという運営会社が展開する「パセラリゾーツ」は、都内でカラオケやパーティスペースを10店舗以上かまえており、バリ風の内装や過剰なサービス、名物「ハニトー(ハニートースト)」などでおなじみだ。ほかにも、「パチスロ グリンピース」やレストラン、カフェなどを手がけている業界の風雲児である。

 同グループでホテル事業を手がけているのが、サンザだ。都内にラブホテルとシティホテルの中間のような業態「バリアンリゾート」を展開し、伊豆にも「アンダリゾート伊豆高原」などのリゾートホテルを運営している。このサンザが手がけているカプセルホテル業態が、「安心お宿」なのだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング