「お山の大将」とんねるず、企画段階で名前すら出ず…『みなさん』内容関与で逆に視聴率低下

Business Journal / 2018年1月12日 19時0分

写真

 この春をもって、フジテレビの木曜夜9時からとんねるずが消える。

 同時間帯で放送されていた『ザ・ベストテン』(TBS系)を打ち切りに追いやり、『どっちの料理ショー』(日本テレビ系)もはねのけるなど、隆盛を誇った人気番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(1997年3月までは『おかげです』)が3月で終了するのだ。

 1986年の特番時代から数えると32年続いた名物かつ長寿番組の終焉は、何を意味するのか。もはや、とんねるずは“オワコン”なのか。その疑問を、業界人たちにぶつけてみた。

「たとえば、ダウンタウンの現在と比較するとよくわかるのではないでしょうか。コンビで『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)という長い歴史の冠番組を持ちつつも、松本人志は『ワイドナショー』(フジテレビ系)、浜田雅功は『プレバト!!』(TBS系)というようにピンでの活動が好調で、新たな視聴者からの支持も獲得している。一方、とんねるずが“オワコン”といわれているのは、そういった新陳代謝がなく、古くからのファンだけで成り立っている印象があるからだと思います」(キャリア20年の放送作家)

 こと松本に関しては、かつての「映画は撮らない」「いつまでも笑い一本で勝負していきたい」といった発言を覆すかたちで変節を遂げてきたが、それがタレントとしての寿命を伸ばしていることも事実だ。では、とんねるずはいつから終わってしまったのだろうか。

「とんねるずの歴史=『みなさん』の歴史とするならば、約3年前からでしょう。この頃から、『男気ジャンケン』『買う』シリーズがやたらと増えて、定番のコーナーだった『新・食わず嫌い王決定戦』が不定期になるなど、企画のサイクルが狂い始めました。

 こうしたコーナー企画の入れ替わりのタイミングを間違うと、数字は加速度的に下がっていきます。とんねるずがいきなり家にやってくる『とんねるずは突然に』は2016年からですが、これも始めるのが遅かった。今のテレビ番組は視聴率を1分1秒単位で分析しスタッフ主導で企画を入れ替えていきますが、『みなさん』の場合はとんねるずのゴーサインがないと、そのシフトチェンジができないというデメリットがあった。それが、ジャブのように徐々に数字を下げていきました」(同)

●石橋貴明、気に入らないスタッフをクビに?

 某民放BS局の制作部プロデューサー(40代)は、とんねるずの印象について以下のように語る。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング