安倍首相、「内閣総辞職ではなく解散総選挙」を示唆か…永田町で多用される「総理の意向」

Business Journal / 2018年4月15日 16時0分

写真

 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 国会日程が読めない状況が続いています。ただでさえ、前日にならないと翌日の本会議や委員会の詳細が決まらない状況なのですが、このところ正常化したと思えば、また「寝る」(野党が審議に応じないこと)状態が続いているので、スケジュール担当の秘書は四苦八苦しています。

 相変わらず森友学園と加計学園の問題が報じられていますが、そろそろ国民のみなさんも「モリカケはもう飽きた」と思っているかもしれませんね。そこで今回は、同じ“モリカケ”でも少し和むように食レポをお伝えします。

 参議院の敷地に、古くから「一茶そば」というお店があります。10年くらい前までは、記憶力も威勢もいい名物女将に注文して札をもらうシステムでしたが、高齢で引退したのか最近は見かけません。

 今は、自動販売機で食券を購入して、カウンターでそばを受け取るシステムになっています。もりそばが280円とリーズナブルな上に、そばは手打ち。さらに、高級かつお節と昆布を使った出汁を使用しており、とてもおいしいのでファンが多いお店です。

 ただ、神澤が好きなのはカレーうどんなので、いつも一緒に行った人から「そばじゃないんかい」とツッコまれています(笑)。機会があったら、ぜひ召し上がってみてくださいね。

●小野寺大臣も通う、一茶そば

 先日、13時から始まる衆議院本会議の少し前に一茶そばにランチに行くと、大臣仕様のクルマが2台停まっていました。大臣がSPや秘書官を連れてでも来たくなるほど、一茶そばは常連が多いのです。

 そのうちのひとりが、小野寺五典防衛大臣でした。渋くてソフトな口調が女性秘書たちから好感を持たれている大臣です。実は、小野寺大臣がまだ衆議院議員1期目だった1999年頃、神澤は小野寺事務所の面接を受けたことがあります。そのときに対応してくれた秘書さんの物腰や仕事ぶりに感銘を受け、「目標にしたい」と思っていました。

 しかし、当時の小野寺議員は選挙区の有権者に名前入りのお線香を配ったとして問題になっており、2000年に書類送検されて議員を辞職し、略式命令による罰金40万円の有罪判決を受けて、公民権3年間停止という処分も下されました。

 お線香の問題は以前にも書きましたが、国会議員の名で配布することは公職選挙法で禁じられている「寄付行為」に当たる恐れがあるのです。この辞職で神澤の憧れの先輩も秘書の仕事を失い、その後は参議院議員の大仁田厚事務所で苦労されていました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング