衣笠祥雄さんと私の物語、一介のタクシー運転手の私に「人生の宝物」をくれた日

Business Journal / 2018年4月26日 19時0分

写真

 偉大なる鉄人・衣笠祥雄さんが亡くなった。広島東洋カープの内野手として活躍した衣笠さんは、最優秀選手(MVP)や打点王などのタイトルを獲得したほか、当時の世界記録となる2215試合連続出場を達成し、国民栄誉賞も受賞している。

 グラウンドでは常に真剣な表情で相手投手と対峙していたが、ひとたびグラウンドを離れると、いつも笑顔で、相手が誰であろうと同じように接する方だった。それは、私のような一介のタクシー運転手であっても同じだった。

●車内で感じた、衣笠さんの心遣い

 15年ほど前、東京・赤坂のTBS前に無線配車された私は、乗り込んできた乗客の姿に目を疑った。「南青山までお願いします」と丁寧な言葉遣いで行き先を告げたのは、私が小さい頃から憧れていた大打者・衣笠さんだったのだ。

 びっくりしながらも、緊張した声で「ご、ご指定のルートはございますか?」と聞き返すと、「運転手さんにお任せします」。これもまた、非常に紳士的な物言いだった。

 都内でタクシー運転手をしていると、芸能人やスポーツ選手などの有名人を乗せることは珍しくない。テレビ局からの配車であれば、なおさらだ。その際、多くの運転手は「○○さんですよね?」と声をかけるが、私はそうした言葉がけをしないようにしていた。有名人は、常に知らない人から声をかけられる。私が逆の立場だったら「静かに乗っていたいのに、うるさいな」と感じるかもしれないからだ。

 衣笠さんを乗せる3年前、読売ジャイアンツの某有名選手にそういった言葉がけをした際、その選手は「そうだけど? 悪いけど、運転に集中してくれない?」と話したくなさそうな雰囲気を全面に出してきた。そのときの体験もあって有名人への言葉がけをしないようにしてきたのだが、このときだけは言わずにはいられなかった。何せ、子どもの頃からの憧れである衣笠さんだったからだ。

「す、すいません。衣笠さんですよね?」

 私は震えながら言葉をかけた。

 すると、「はい、そうです」と、野球中継で聞く声と変わらぬ元気なトーンで答えてくれた。

「子どもの頃からファンでした。お乗りいただき、光栄です」

「ありがとうございます」と返ってきたかと思うと、直後に次のような質問をされた。

「運転手さんは野球ファンですか? どこのチームが好きですか?」

「昔からカープです。衣笠さんの大ファンでした。巨人ファンだらけの小学校でひとりだけカープの帽子をかぶり、背番号3をつけていました。私にとって3番は、長嶋さんではなく衣笠さんなんです」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング