TBS、「放送会社というより投資ファンド」と株主が批判…利益落ち込みを株式配当金で補填

Business Journal / 2018年6月13日 0時0分

写真

 東京証券取引所は6月1日に改定した企業統治指針(コーポレートガバナンス・コード)で、上場企業に政策保有株(持ち合い株)の削減を求めた。

 東証はこれまでも持ち合いの解消を促してきたが、「持ち合いの解消を申し出ると、相手企業との取引に影響が出る」など、否定的な声が多かった。

 今回の改定では、政策保有株の保有を続ける場合は、目的が適切か、保有している効果があるかなどを具体的に検証し、その内容を開示すべきだとしている。株式の持ち合いは、安定株主対策として重宝されてきた。一方で、持ち合い株が多いと経営陣の緊張感が薄れ、資本効率も下がると指摘されてきた。日本的な慣行だった持ち合い株の解消は、グローバル化の流れのひとつなのだ。

●TBS保有の東京エレクトロン株式が焦点に

 株主総会シーズンに入り、アクティビスト(物言う株主)の出番である。

 6月28日に株主総会を控えた東京放送ホールディングス(TBS)への株主提案議案が話題を呼んでいる。政策保有株の売却を迫る内容だからだ。

 株主提案をしたのは、英国の物言う株主のアセット・バリュー・インベスターズ(AVI)だ。5月31日、都内で会見を開き、アドバイザーのスティーブン・ギブンズ上智大学教授が株主提案について説明した。

 AVIはTBSの発行済み株式の1.7%を保有している。TBSが4.68%の議決権を持つ東京エレクトロン株式のうち、40%にあたる約300万株を配当財産とし、TBS株57株に対して東京エレクトロン株1株を現物で支給するよう求めた。金額にすると600億円超になる。9月末の実施を求めている。

 AVIは東京市場でも20~25銘柄投資している。経営陣と友好的な対話を基本としており、議案を提出したのは初めてといい、会見したギブンズ氏は、「持ち合いの問題点を浮かび上がらせたいから」と説明している。

「政策保有株はいけないという認識が広がるなか、TBSは政策保有株を中心に有価証券が総資産の半分以上を占め、ほかに不動産や現預金を持つ。放送会社というよりも投資ファンドに近い、バランスの悪いポートフォリオだ。株式の時価総額は資産価値の半分近い水準にとどまる。これらの株式をTBSという器から解放すれば、ディスカウント状態は解消されよう。東京エレクトロンなど各銘柄を保有する理由は、『グループ経営上の取引関係維持・強化のため』など、ほぼ同じ表現。説明責任を果たしていない」(ギブンズ氏)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング